烈車戦隊トッキュウジャー 第1駅「始発駅 特急列車でいこう」

 2014-02-16
14021502.jpg

祝:日高のり子さん35年ぶりにスーパー戦隊にレギュラー出演。80年代アニメ世代として、関根勤ばかりでなく誰か日高のり子にも触れようよ。同じくレギュラーの久川綾同様、やはり声がお美しくも可愛いわ。しかし着ぐるみとのギャップがw

そして始まるトッキュウジャー。第1話はとにかく模範的に戦隊の第1話というか、唐突に始まってる悪の軍団の侵略→レッドを主人公にメンバーの紹介→ファーストバトル圧倒の基本に忠実な流れ。
いわゆるところのレッド、トッキュウ1号/ライトの明朗快活にして細かいところを気にしないキャラがまんまキングを継承してるんだけど、まあこれは戦隊のフォーマットたる「明るく、楽しい」雰囲気には相応しい主人公像なんだよね(むしろ殿やヒロムが緊張感持ちすぎなんだよ)。
そしてキングとの差異として設定されてるイマジネーション。うん、道路の白線の上を綱渡りのつもりで渡って「この下は海だ、落ちたら死ぬ」は世界中の人間誰もが通った通過儀礼w この夢の力を肯定する、想像力が武器になるというあたりの基本設定は、番組全体の空気を司る基幹としてチビっ子人気を博してほしいところ。

あ、妄想力が強力な武器にある戦隊もあったよね…非公認の方々で(笑)。

どんな時だって、想像の力は遥かな高みに手を伸ばすためのステップ。自分が信じれば、宇宙だってすぐこの手に届く。久々に再会した幼なじみ同士であるというトッキュウジャーの5人を繋いでいたのは、幼少の頃に夢見ていた天にも渡る大きなイマジネーション。
チビっ子を誘拐するというステロタイプにして子供番組最大の悪事を前に、敢然と立ち塞がる烈車戦隊トッキュウジャーここに到着。
つか、全員が各々のメンバーの色に変身できる乗り換え変身…すんまそん視聴者としても何がなんだかですw 今後各々のメンバー各自の特殊能力とか判るたびに、「よしここは5号の能力で対処するぜ」とかの使われ方が成されてほしいもんですが。
必殺武器、レンケツバズーカはまんまゴレンジャーハリケーンなのな。第1話から子泣き地蔵というのが、まさにチビっ子を泣かせたバチあたり怪人に相応しいとどめ。そのうち缶切りとか清掃車ともか出てくるでw

巨大戦。今年の1号ロボ、トッキュウオーはそれこそ列車の合体ロボとしてばかりでなく虹をモチーフとしているだけあって、ヒーローのデザイン同様インパクトはやたらあるな。あの完全な横割り合体も、合体バンクにおける一直線に並ぶマシンが進行方向をひとつに合体…というターボロボ以来の疾走感が心地いい。今後の続々登場するであろう新車両との合体がやたら楽しみ。

ここまで気持ちよく第1話をやっておきながら、オーラスでまさかのブラックな設定を提示してくるあたりがやっぱり小林靖子脚本w 前番組キョウリュウジャーが凄くいい感じに戦隊の空気をあっためていてくれたのもあって、本当、今年は電車にチビっ子が沸き立ってくれたら楽しいな。
今年も1年、また日本中を元気に湧かせる戦隊になってくれることを心から願いますです。

14021501.jpg


烈車戦隊トッキュウジャー 烈車合体シリーズ1-5 烈車合体DXトッキュウオー烈車戦隊トッキュウジャー 烈車合体シリーズ1-5 烈車合体DXトッキュウオー
(2014/02/15)
バンダイ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://x3318jp.blog21.fc2.com/tb.php/967-c84b3f2c

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

白黒つけようぜ
□□□