仮面ライダー鎧武 第16話「新アームズ!ジンバーレモン誕生!」

 2014-02-14
吾郎ちゃんの「俺もいろいろあったからな」は、ライダー好きに向けた高度な釣り針ですかそうですか(あえて食いついてやらん)。

鎧武ってどうしてもアイテム類の販促が目立つから特にそう感じるけど、虚淵玄が既に1年分書き終えているストーリーのプロットと販促が時々チグハグなんだよね。いえまあチグハグというより販促の部分が全体の物語の中から浮いて見える感じか。
ええもちろんそのチグハクさは、紘汰がほぼ直感と手探りでアイテムの使い方を模索しながら戦うという第1話にて既に片鱗を見せてるわけですが。
ぐっさんも、どうせ紘汰に新アイテム渡すなら、せめて「ベルトのここの部分にこう付けてね」ぐらい教えてやれよ。ベルトのプレートが戦闘中に外れるの、それ「ここに新アイテムつけるんだ」って閃くより「ベルト壊れた!」って焦るとこ。

どうやら紘汰と戒斗をユグドラシルから逃がしたのも完全にぐっさんの独断らしく、これ幸いと紘汰たちを更に自由に泳がせるモルモットにしようと企むプロフェッサー凌馬。
そしてシドは凌馬から盗品(ぐっさんが紘汰にやったロックシード)の探索と貴虎からは紘汰の始末をそれぞれ言いつけられ、貴虎はとうとう互いの正体を知ることとなった弟(ミッチ)に対するケジメを付けることに。
そして街では、そのシドに唆された一部のビートライダーズたちがロックシードから怪人を召還して悪事のし放題…。

ロックシードという強力な力と、それを生み出すヘルヘイムの森に翻弄され続ける人間たち。
なんつーか、敵も味方もこうも力を巡っての各々の思惑がバラバラ過ぎる中で、「力を間違ったことに使うな!」と正論を吐き続けなければならない紘汰の苦闘が目立つわなあ。
同じ仲間と思っていたビートライダーズの人間が、ロックシードという力に唆されるままに悪事を繰り広げていた。その事実に絶望しかける紘汰ながらも、ロックシードから生まれた怪物が人々を襲うのを看破は出来ない。
強力な怪人に苦戦する紘汰ながらも、第1話から見せていた応用力の高さ(きつとそうなんだよ)にてぐっさんから与えられた新たな力の使用法に気付き、新アームズ・ジンバーレモンを装着する。
てかね、エナジーロックシードを持つライダーの武器がみんなソニックアローになるというあたり、販促の下手なわざとらしさを感じずにいられんw

今回、力は持つものの心がけ次第という、紘汰にとっての救いとなる回答を与える吾郎ちゃんは、まさしく「悪意」から生まれてしまった力に呑まれず、仮面ライダーという「正義」のメタファーにになれと説くおやっさんの役割。
今回以降、紘汰がロックシードの力に俯くことも翻弄されることもなく戦うようになるとしたら、実はまさしく今回が「仮面ライダー」誕生の瞬間を描いたエピソードになるのかも。

そしてミッチは、兄に連れられ、自分が公表しようとしていたロックシードとヘルヘイムの森の真実、その深遠を垣間見る――。
これが視聴者に公開されるのはまだもうちょっと先ながら、ミッチをして、ユグドラシルが森の秘密を独占しようとしてたことを納得させるだけの真実として、これが(何も知らない身としての)紘汰とミッチの完全な決別になってしまうかなあ…。
紘汰とミッチの決別はほぼ当初からの確定事項としてフラグ乱立していたけど、現状(同じチームの仲間たちの存在はあるにしても)の紘汰の孤立無援っぷりに対する理解者が欲しいところ。まあ、戒斗はある意味紘汰を一番理解している人間ではあるんだけど(苦笑)、現状なかなか素直に手を取り合ってはくれないしなあ。
吾郎ちゃんに救われた紘汰にとって、今回が物語を前向きに動かすためのきっかけになることを願わずにおれん。


仮面ライダー鎧武 (ガイム) ライダーヒーローシリーズ08 仮面ライダー鎧武 ジンバーレモンアームズ仮面ライダー鎧武 (ガイム) ライダーヒーローシリーズ08 仮面ライダー鎧武 ジンバーレモンアームズ
(2014/02/01)
バンダイ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://x3318jp.blog21.fc2.com/tb.php/965-e5fa23a9

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

白黒つけようぜ
□□□