ガンダムビルドファイターズ 第14話「暗号名C」

 2014-01-14
今回から新OP&ED。劇中ひたすら小物なのに新OPでは黒幕臭漂わす会長、背後のシルエットは紛れもなくエクシア!?
第1次ガンプラブーム世代の自分は余裕でラルさん(35)より…。うん今回、ラルさんの活躍を堪能できてよかったよ。

試合日程は進み、セイとレイジ組、着々と勝ち上がる。ビルドMk-Ⅱが戦線復帰していたのは、アビゴルバイン戦でのスタービルドストライクの補修のためか競技射撃や玉入れなどプラフスキー粒子活用システムが必要とされない協議においてはMk-Ⅱでも問題ないからなのか。まあ好きな機体だけに出番があって良かったですよ。
序盤でのチーム戦、殊勲は防御を引き受けてくれたメリクリウス作った人だよなあ。同チームだったということで、セイはマオばかりでなくメリクリウスの人にも礼を言えよw

ようやくケンカで痛めた手首が回復したレイジ、そのレイジがファイターであることを知ったアイラたんと今回もフラグ立て。アイラの過去の一旦は、どうやら貧しい出生から拾われたこと。ガンプラバトルが彼女にとって「苦しい」のは、恐らくは身体にも負担を与えているであろう能力強化系のスーツのみならず、ガンプラバトル自体が彼女にとって束縛でしかないからだろうなあ。
逆に、アイラに何故ガンプラバトルをしているのかという問いに対し、第6話にてラルさんにそしてバトルを通じてユウキ会長(現三代目名人)に受けた薫陶を笑顔で返すレイジ。
どこまでも対照的な立場で描かれる二人というのもあって、本当にこの二人のバトルの瞬間が番組のひとつのピークになりそう。

今回の会長の思惑、とうとう暗号名Cなるそれっぽいプロの人を呼び寄せてのバトル中のスタービルドストライク妨害。そして今回の協議はチキチキガンプラ猛レース。いや普通にキュリオスとかGアーマーで参戦してる人に見せ場やれよと思いつつ、ディスチャージシステムで独走するスタービルドストライクを襲うCの水中用ジオング。
そのCによる妨害の場に駆けつけたラルさん、負傷しつつも妨害を阻止。てかラルさんこいつのこと絶対知ってそうな口ぶりだよなあ…。なんかラルさんの大尉って渾名が、実はマヂの階級に思えてきた。
ラルさんの奮闘でレースには復帰できたものの、一歩届かず生徒レイジ、今大会にて始めて勝利を逃し、シビアなポイント判定のせいで17位降格。
今まで順当に勝ち進んできただけに一気にピンチ展開に陥ったというか、次回、いよいよフェリーニ戦? ライバルのひとりであると同時レイジにとってはバトルの師匠といえるキャラだけに、いよいよまずは市を乗り越える展開から来るかなあ。マオとの対決の約束もあるし、ここからいよいよ対ライバル戦という激闘展開来るか。今回からの逆転も含めて楽しみです。

今回、初登場以来ようやくうまい酒が飲めてる会長の元へ、その会長が恐れる存在として直接カチコミ仕掛けるレイジ。
てか間違いなくレイジの世界にて大罪を犯しているであろう会長と、実は未だこの世界を来訪している理由が判然としてないレイジ。てか次回、「あっ、お前は!」って展開になる気はしないなあw レイジが乗り込んできた目的は待ち違いなくジオングの一件として、ここからまた話がどう転ぶことか。
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://x3318jp.blog21.fc2.com/tb.php/952-7d9ae590

ガンダムビルドファイターズ 第14話「暗号名C」 【MAGI☆の日記】
ガンダムビルドファイターズの第14話を見ました。 第14話 暗号名C 「アイツが白いガンプラのファイター・レイジ…。アイツ、何が楽しくてガンプラバトルなんかやってんだろう…。私と当たったら負けちゃうのに」 世界大会は第6ピリオドまで消化され、残り2つのピリオドを残すのみとなる中でマシタ会長の秘書ベイカーはセイとレイジが決勝トーナメントに出られないように邪魔をしようとして...
【2014/01/14 05:35】
コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

白黒つけようぜ
□□□