革命機ヴァルヴレイヴ 第23話「モジュール77奪還作戦」

 2013-12-29
革命機ヴァルヴレイヴ、それは世界を暴くシステム――。
番組のキャッチコピーが、本当の意味を露呈する瞬間のテンションにちょっと「おお…」って唸っちゃったというか。
ジオールがヴヴヴを作ったのは、アルスの経済支配にドルシアの軍事侵略からの板ばさみから国を守るためというのが理由なんだろうけど、今回101人評議会の台詞のとおり、まさにマギウスの存在を暴きだすために生み出されたという気がしないでもないんだよなあ。

そのマギウスの存在が暴かれる過程で、ハルトとの溝を決定的なものとしてしまい、彼がマギウスになった経緯を知りつつ衆人環視の前でハルトを冷たく突き放すしかないショーコ。
誰よりもこの二人のもどかしさを目の当たりにしてるサキに、ハルトから告げられる「絶対あきらめないようにしよう」との約束。
200年後、サキが守り続けている「約束」がこれだとすればサキがどれだけ、今、この瞬間だけ、ハルトと仲間として理解しあえた思い出を大切に抱き続けるか…という切なさに繋がるなあ。
これから、この「約束」に支えられるサキの200年は、彼女にとっては長い孤独な時間ということになるのかも知れないが。

モジュール77を舞台にしたアルスとドルシアの同盟宣言という最後のチャンスを狙い、一発逆転の作戦にかけるヴヴヴチーム。ドルシアに潜入したエルエルフさんとアードライの和解と共同作戦というのが今回一番の安心ポイント。
ああ、黄色い、Ⅲ号機に乗ってる、男前で気のいい癒しキャラというだけで既にフラグは立っていたんだよなあ…。亡き友の仇を討ち、今の友達を守り続けたサンダーさん、カミツキになったことを悔いもせず偉大な遺産を残し散る…。自分の中で、サンダーさんがムサシとキタンに並ぶ誇り高き男前パイロットに名を連ねた件。もしスパロボにヴヴヴ参戦したら、ハルトなんかほっといてサンダーさんをひたすら育てるよ俺(泣)。

あまりに多くの犠牲を払い、ついに暴かれる世界の欺瞞。なんとも前回の建国の誓いから、サンダーさん散華まで含めて急速に話が畳まれてきたというか、次回、最終回。
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://x3318jp.blog21.fc2.com/tb.php/943-50698663

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

白黒つけようぜ
□□□