革命機ヴァルヴレイヴ 第17話「情報原子の深淵」

 2013-11-10
ドルシア側というかカルルスタイン機関急変。カインはマギウスになったのではなくて、マギウスにジャックされた存在になってたわけか。ドルシア総統も既にジャックされた身として、ドルシアは完全にマギウスの手に落ちているというか、今回老齢のマギウスの新たな身体にされかかったイクスアイン(メガネ)といい、こうなるとカルルスタイン機関そのものがマギウスの新たな身体の候補たちだったってことか?

マリエの死をきっかけに、ヴヴヴ子さんが語るヴヴヴがルーンを食い荒らすことの危険性と、その事実を耳にもはや戦えなくなってしまうハルト。そのハルトの目前で委員長をⅠ号機に乗せようとしたり、挑発も飴と鞭も含めてエルエルフさんはうまいことハルトを意のままにコントロールしてるよなあ。
革命という自身の目的のためなら、いずれはマリエ同様自滅の道を辿ることも厭わないエルエルフさん。そしてハルトに覚えていた苛立ちの一因は、自身がヴヴウという力を扱うことの出来ない悔しさ。力を持ちながらも戦わないという甘えを、力を持たない人間としてエルエルフさんは許さない。
心ならずもハルトが得たマギウスの力と、その力を利用するため使い方を指し示すエルエルフさん。今さらながらこの二人の互いの依存にニヤリとさせられるわ。

エルエルフさんがコンタクトした反政府組織からの支援を受ける条件は、国内で暗躍する輸送船の撃破。その輸送船に潜入したエルエルフさんとハルトが見る、ドルシアもまた人間からルーンを採取しているというおぞましい画。
カインの謎を追い、視聴者の視点の代表として、ドルシアとマギウスに関わる驚愕の事実を知るところとなったハーノイン。いや演出的には間違いなく始末されていそうなんだけど、一応の生死と、そして前回カインに囚われてるも同然のリーゼロッテもどうなっちゃってるのか気にかかるところ。
俄然侵略SFの要素が強くなってきていて、これはこれでハルトたちが最終的に戦うべき敵が明確化してきているんだけど。
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://x3318jp.blog21.fc2.com/tb.php/913-a9a34f2a

革命機ヴァルヴレイヴ「第17話 情報原子(RUNE)の深淵」/ブログのエントリ 【anilog】
革命機ヴァルヴレイヴ「第17話 情報原子(RUNE)の深淵」に関するブログのエントリページです。
【2013/11/11 05:50】
コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

白黒つけようぜ
□□□