仮面ライダーウィザード 第52話「仮面ライダーの指輪」

 2013-09-28
祝・會川昇復活!
ディケイド序盤にて、メインライターとして物語の礎を築きつつ無念のリタイアを果たしてから、再びライダー脚本にて會川昇の名前を見れるとは思わなかったなあ。
てか、今回のともすればカオスでもある脚本はむしろ米村正二的ではあるんだけれど(苦笑)。會川らしい、どこか切なさも募る物語展開が待ってたりするかなあ。

物語上はウィザード最終回その後ながら、むしろディケイドが巡る各ライダーたちのリマジ世界っぽい印象というか(まあ特別編ですしおすし)、今回登場してるのは、実は晴人じゃなくて別世界のカタカナ名前のハルトなのかも知れないw
ともあれBLACK最終回→RX1話のブリッジとなった特番「仮面ライダー11号〜RX大集合」での南光太郎のごとく、平和を噛み締めつつ旅を続ける晴人の前に訪れる新たな危機。謎の巨大魔法石と、その中から聞こえる子供たちの助けを求める声。
魔法石の中の世界に飛び込んだ晴人が目の当たりにする、田口トモロヲ率いる平成ライダー怪人たちが支配する世界と、その世界の宝である仮面ライダーの指輪を手に、世界からの脱出を図ろうとする二人の子供。
一応名目上はあくまでウィザードのエピソードなので、小倉久寛やKABA.ちゃんらレギュラー陣が登場するのは当然とはいえ、なんかいつもの面々が揃うと前回の実質上最終回の余韻が…いえ凛子のセーラー服スケ番無理しすぎwww
この世界の住民はいずれはグロンギなりアンノウンなり何かの種族の怪人となってしまう。その運命を嫌い、指輪から召還されるライダーたちを使役して“コヨミ”という名の少女と共に世界から脱出しようとする少年。田口トモロヲの弁によると、それはこの世界そのものを破壊し、晴人の世界に怪人たちを撒き散らしてしまう行為。
子供たちの願いを叶えてやりたいという思いと、世界の破壊を防がなければならないという二律背反。むしろ、この世界の真実を握ってるのは…指輪の召使いのごとく使役されているように見えて、あくまで「子供たちを、守ろうとする」仮面ライダーたちの姿勢にあるのかもしれない(そういう意味でも、子供の支持を集めた電王=モモタロスの声は当然のごとくオリジナルの関俊彦のままというのは嬉しいなあ)。
そしていまひとり…子供たちの切なる祈りを受け、この世界へと召喚される新たなライダー――仮面ライダー鎧武!

ああ、今回は夏の劇場版では果たせなかった、恒例の新ライダーお披露目も兼ねてる訳ねw そうなると鎧武は、次回は草々にもとの世界に帰っていく役どころか?
今回、電王と共にオリジナルのライダーの声を務めたのがディケイドだったんだけど、士の登場が予告されてただけに、士本人の登場は最終回に持ち越しというのが肩透かしな。まあ「ここがウィザードの世界か」「大体判った」の台詞だけで存分に満足ではありますがw むしろ次回、田口トモロヲのバックに鳴滝がいたぐらいやってくれれば喝采なんですが。
平和な日々は長くは続かず、またも晴人に訪れる危機。その時、晴人の耳に頑張れ晴人、負けるな晴人と、先輩ライダーたちの声が聞こえた。
仮面ライダークウガが、アギトが、ディケイドが!
嗚呼…俺の脳内が、1988年10月16日の特番当日のwktk感にタイムスリップしてる! あの特番、「はるかなる愛にかけて」、「仮面ライダー賛歌」、「輝け!8人ライダー」等など挿入歌の使い方が神だった…。
次回、通りすがりの仮面ライダー、ディケイド/門矢士本人登場! さあ、変身しなさい操真晴人、世界の真実を暴き、先輩ライダーに続け!
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://x3318jp.blog21.fc2.com/tb.php/891-5ac86a0e

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

白黒つけようぜ
□□□