獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ27「オ・マツリンチョ! レッドちょうしんか」

 2013-09-01
1週インターバル置いてのパワーアップ回。OPフィルムも変わり、スピリットメンバー含む9人のキョウリュウジャーたちが一同に並ぶ画がなんとも感無量。そういや最近ゴルドさんが基地に遊びに来てくれなくて寂しいな…ブラギガス復活までは我慢の流れか?

ただでさえエンドルフからしてメガブルーの声なのに、そのエンドルフが引き連れてくる怪人ふたりはそれぞれニンジャブルーとデカグリーンの大いなる力かよ! センちゃん喜び満面に報告してるし↓
http://ameblo.jp/yosukeandyou/entry-11600381009.html
(センちゃん劇場版「あの花」見に行ったのか)

そして前回から2週間、未だ野性に返って行方不明のダイゴを見つけるためにキョウリュウジャーあの手この手。冒頭からして磔になってるアミィのそこはかとないエロさからして今回は坂本浩一監督に違いないと思ってたがやっぱりそうだったw
てかね、坂本浩一監督回だけあって、本当に素顔のキョウリュウジャーたちに要求するアクションの比率が半端ない。ノっさんの体当たりアクションにニヤリとしつつ、ソウジの木刀さばきの凄さに正直驚きというか、うわこれ本気で父親役春田純一さんに手ほどき受けたんじゃねえかって妄想働いちまったわ! おとなしキャラであるはずの弥生まで存分に動くというか、ええまあ、ここ一連のアクションシーンの流れで一番凄かったのは、野生化ダイゴをエンドルフから逃がすための時間稼ぎとしての、イアンからの空蝉丸に対するひでぇ無茶振りなんですがwww エンドルフもウッチーの言うとおり3日ぐらい待ってやれよwww

イアンたちの無茶振り時間稼ぎの間、トリンの決死の行動によってやっと暴走の原因であるパワーアップ獣電池を引き抜かれ正気に返るダイゴと、そして自ら開発したパワーアップ獣電池の真の使い方に気付く弥生。
2週間ぶりにやっと仲間の元に帰ってきたダイゴ。怪人に変身を封じられようとも、仲間を守ろうとする気持ちがある限りキングは…戦隊のレッドは負けない! ブルース・リーばりに上半身脱いでの(割れた腹筋といい、ダイゴ役竜星涼、どんだけ鍛えたんだよ)生身のアクションもテンション高く、そして最高潮に番組が盛り上がったところでついにパワーアップ展開クライマックス。
パワーアップ獣電池をガブティラに噛み付かせることにより、その力を凝縮された姿となってダイゴの手元に飛び込むガブティラ。そのガブティラの力をダイレクトに一身に浴び、誕生する強化フォーム・キョウリュウレッドカーニバル! その名のとおり、まさにお祭り騒ぎのごとき途方もない強さで怪人を蹴散らすレッドというか、ああ、それでもやっぱり巨大戦においてはガブティラ元に戻さないと行かんのか…。巨大戦ではパワーアップ変身解かなきゃいけないというのは、いえ別に戦闘に支障はないんだけれど、なんとなくパワーアップ変身で盛り上がったテンションを途切らせられた気分。

今回、見ていて実感するのはやっぱり坂本浩一監督らしい脳筋回だというのと、やっぱりキョウリュウジャーという番組のテンションを作ったのは坂本浩一監督だよなあということ。アクションの激しさのみならず、番組の楽しい空気といい、ゴレンジャーの頃から脈々と続く「子供視聴者を、楽しませ喜ばせるためのエンタティンメント」としての戦隊を作っているんだよなあと。エピソード的な熱量の高さといい今回も楽しかったです。
ええもちろん、カーニバルにも既に情報バレしてるパワーアップの余地が隠されてるとして、次回、いよいよ戦隊司令官としてのトリンにスポットが当たる話…。やっぱり賢神ならぬ、実は元デーボス幹部だったりってヘビーな過去が待ってたりするんですかね。
山下真司さんと再び戸松遥顔出し登場と次回も期待。


獣電戦隊キョウリュウジャー 変形銃 ガブティラ・デ・カーニバル獣電戦隊キョウリュウジャー 変形銃 ガブティラ・デ・カーニバル
(2013/09/30)
バンダイ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://x3318jp.blog21.fc2.com/tb.php/884-c9a6c41e

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

白黒つけようぜ
□□□