獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ24「もえろ! 7にんのキョウリュウジャー」

 2013-08-09
新戦士が女性戦士というのは、ゴーオンシルバーの時点ではそれこそ二代目イエローフォー以来の出来事なんでめっちゃ話題になったもんだが(宮村優子は、アレはVシネのみだからX1マスクとかと同列で)。
弥生が、彼女自身の憧憬のままに二代目バイオレットになったというのは、ドラマ的には血縁からなる戦士の継承という良いシチュエーションではあるんだけど、初代バイオレットことドクター千葉繁の現役引退が無念すぎて(笑)。

弥生が二代目バイオレット候補になったことで盛り上がるキョウリュウジャー側と対照的に、復活したデーボスごと根城も指揮官であるカオスも失い、俄然落ち武者感漂うデーボス軍。もはや果たすべきはリベンジと、ゼツメイツ唯一の生き残りである怪人ヒョーガッキ、人間が涙を流すと本人を凍りつかせるという新能力にて逆襲開始。てか、泣きゲーでさめざめ泣きながら凍りつく萌えヲタの部屋が、抱き枕からフィギュアまで凝りすぎててwww 10秒もないシーンのためにどれだけwww
そして、周囲の期待と裏腹に、自身からブレイブが枯れ果ててると思い込んだ弥生までもが、周りからのプレッシャーで流した涙のために凍り付いていく…。

今回、まがりなりにも新戦士の誕生エピソードとして、絶望しかけた弥生が、自身のキョウリュウジャーへの憧憬=祖父への尊敬と慈愛を基に覚醒するというストーリーの流れが素直に良かった。その一方、バタバタと壊滅状態に陥っていくデーボス軍というか…アイガロンまさかの無駄爆死! しかもその怒りの爆死をキョウリュウジャーが躱す手段がペラペラーンって…なんだろう、泣くに泣けないw ええこれは、強化復活のためのフラグと見ておきたいところですが。
やっぱりアイガロンはイアンと、ドゴルドは空蝉丸と、それぞれ終盤で因縁の対決を演じてほしいってのはあるわなあ。

強き竜の者として覚醒した戦士は、戦いを前にすると自然に身体が踊りだす。てかある意味キョウリュウジャー最大の謎でもあるサンバの理由がさらっと流された件。まあ初変身もあって弥生のサンバがなんか可愛かったからいいや。
新たな仲間、二代目キョウリュウバイオレットが加わり、7人揃ったキョウリュウジャー。てか、今後OPに毎週紹介カットが挿入されるようになるとかじゃなくて、ゴルドさんたちと同じくほぼ非常勤扱いなのね(泣)。ドクター千葉繁ともどもまた準レギュラーとして度々の再登場期待してますです。
アイガロンの爆死に、頼みのヒョーガッキもバクレツキョウリュウジンに止めを刺され、もはや残ったキャンデリラとラッキューロが、これだけではリベンジどころか組織復興もままならないと思いきや…。ええ案の定の組織再編の新展開。とりあえず次回のラッキューロ祭りが相当にキテレツな予感w やっぱり、見ていて「楽しい」は戦隊の王道と思うのですよ。時々空気を引き締めるための小林靖子メインライターは数年に一度でいい。
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://x3318jp.blog21.fc2.com/tb.php/870-7020f524

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

白黒つけようぜ
□□□