仮面ライダーウィザード 第43話「白い魔法使いの秘密」

 2013-07-20
今回、久々のアンダーワールド戦が見れたのは、時期的にそろそろドラゴンそしてオールドラゴンの最後の活躍を見せるためだけでなく、笛木とコヨミの関係を明確に視聴者に知らせるためでもあるのか。物語の舞台設定の、こうした巧みな使い方は凄くいい感じ。

コヨミこそが過去の自分に希望を与えてくれた人物だったことを確信する川上監督(アストロ球団での)と、初めて、自分の過去に触れる人間の登場に動揺してしまうコヨミ。
一方、あえてソラの挑発に乗り、深い森の中に踏み入る仁藤たちの前に立ち塞がる白い魔法使い。まあ、ソラが「本当にここにいたのか」と呟くまでもなく…ワイズマンの根城の洞窟だよなあ…。
なんとも白い魔法使い=ワイズマンの同一人物説が濃厚になってきてるけど、ウォータードラゴンの魔法石の入手の経緯もあるから、安易な同一人物説は信じたくないんだよなあ。かつて魔法の実験の失敗で、正義と悪のそれぞれの心に分裂した笛木??

仁藤たちが白い魔法使いの元から木崎を救出している間、川上監督に頼んで、幼い頃の自分が川上監督とであったという湖畔に連れて行ってもらうコヨミ。
なお過去を思い出せないコヨミなれど、10年前、自分を救った、母親から教わったというコヨミの言葉をそっくり返す川上監督。自分がどうなるか判らなくなったら、自分がどうなりたいかを考えること。明日に希望を繋ぐ言葉が、10年前に川上監督を救い、今またコヨミを苦悩を救うという時を越えた奇跡。

てかね、この流れで、もう川上監督の希望のメタファーが玩具の指輪である必要はないはずなんだけど…むしろコヨミが危害を受けたりするほうがよっぽど堪えるはず。まあ作家という商売ゆえに、自らの希望の思い出の象徴として川上監督の人生にはあの指輪が必要なものだったんだよなきっと(苦笑)。
その場に姿を現したスフィンクスに、10年前にコヨミから貰った指輪を壊され、跪き絶望しかける川上監督。駆けつけ、川上監督を救うべくそのアンダーワールドに飛び込むウィザードと、スフィンクスと対峙するビースト。
作家という“手”を使う職業ゆえ、川上監督のアンダーワールドに巣食っていた巨大ファントムはまさに巨大な“手”。あやたり攻撃でドラゴン追い詰めるの画が笑っていいんだかw
ドラゴンすら追い詰める巨大ファントムに対し、初めて、アンダーワールド内でのオールドラゴン融合を試みるウィザード。中間パワーアップ形態のはずのオールドラゴンの出番がむしろインフィニティーより少ないのは、登場するだけでCG代がかかるからです(泣)。
現実世界ではビーストハイパーがスフィンクスをたやすくひねり潰し、そしてかけたCG代に見合った活躍を見せ、巨大ファントムを撃破するオールドラゴン。ええ、もう今回がオールドラゴン最後の活躍であることは覚悟してます。
そして、修復される川上監督のアンダーワールドの中、ウィザードが目撃する…幼いコヨミに、パパと呼ばれ慕われている笛木――。

どうやら概ねの視聴者の予想は違わぬ展開になったというか、こうなると笛木=白い魔法使いがそもそも何者なのか、そして笛木が捜し求める魔法使いの最後のひとりが誰になるのか? まだまだラストに向けて気になる点が続くなあ。この期に及んで新キャラの魔法使いなんか出す余裕があるとも思えないから、今まで登場したキャラクターの中から…というのが順当のはずなんだけど。
次回、まだなおファントムがゲートを狙ういつもの話? 残り話数的に考えてそろそろクライマックスの流れに行かなきゃいけないはずなのに、なんか余裕あるな(汗)。
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://x3318jp.blog21.fc2.com/tb.php/864-13bed654

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

白黒つけようぜ
□□□