翠星のガルガンティア 最終回「翠の星の伝説」

 2013-07-03
自らを神と名乗り暴走する、ギロチン帝王ならぬキチガイロボストライカーに対し、我らがジャイアントロボじゃないチェインバー、心中で刺し違える。
パイロット支援啓発インターフェイスという自己の役割に殉じて、レドの成長を認め、レドに対し「生きろ」と言い残して散るあたりの浪花節。
最終回としての締め方としては綺麗にまとまっているし、満足でもあるんだけれど…。やっぱりどうしても終盤で、東映のフォーマットを借りて、無理矢理感動的かつ急速に畳んだ顛末という感想が働くのもなあ。

あるいは、兵士としてでなく、当たり前に未来を目指せる「人」として成長を果たしたレドと、あくまで「兵士」を支えるための機械であるチェインバーがなおレドを兵士として押し留めようとする。そんな対立と問答を経て、よりこの二人の関係性を見せられたんじゃないかとも思うのですよ。
意志を持つ機械が、パートナーである少年に最後に望むのは、戦う使命を離れた新たな未来を掴み取ること。ジャイアントロボや大鉄人17の系譜に並んだ散り様は美しいのかもしれないけれど、その時代にプラスアルファされた、チェインバー自身の葛藤と進化も描けたんじゃないか…という気がしてなあ。
第1話からのチェインバーの語録を作っていけば、ひょっとしたらチェインバーの変化の様をじっくり考察することも出来るのかも知れないが。

鋼鉄の友は少年に未来を与え、少年は友のくれた未来を新たに切り拓くために生きていく。その二人のが確かに築いてきた絆は、少年の胸に、そして二人を見守った多くの人間たちの胸にずっと生き継いでいく伝説なのだ。
たとえ借り物の結末に頼ったとしても、そこに結実したのは確かに少年と鋼鉄の友の物語。昭和のおっさん視聴者、ちょっと涙ぐんで堪能しました。チェインバーのリボルテックなりのフィギュア化すごく希望。
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://x3318jp.blog21.fc2.com/tb.php/853-4e5ba64c

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

白黒つけようぜ
□□□