獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ19「キャワイーン!うばわれたファミリー」

 2013-06-30
子供の日商戦期間は終わっても、ウッチーのチビっ子人気者化プロジェクトはまだまだ続く。
鉄砕/キョウリュウグレーも認める戦闘力の持ち主とはいえ、実のところは甘さといいメンタルの弱さといい成長の余地を大きく残す空蝉丸というのがきちんと描かれていたのもあって、今回みたいにダメっ子な子供を励まし、一緒に強くなろうってダイレクトなメッセージ回が似合うよなあ。
実は空蝉丸ってソウジと同年代ぐらいの年齢のキャラに設定していたほうがイメージ合う気もするんだが(苦笑)。

かないみか声のゆるキャラ系怪人というのは実にアキバレンジャー向きというか(汗)、そのドゴルドすらデレさせるスゥイーツアーンドエンジェルボイスで町の大人たちをメロメロにし、ネグレクト児童を増産して悲しみの感情も喜びの感情も効率よく採取しようという今回の作戦。
番組前半において、モンペの庇護にて徹底的に甘やかされてる今回ゲストのガキ、うわこいつ殴りてえ的な感情が視聴者に渦巻いてる中での一転してモンペ親から放置は「ざまあwww」ではあるんだけど、今回、自分を守ってくれる親を取り上げられるというのはチビっ子にとっては身近な恐怖でもあるよなあ。
両親の愛情を怪人に奪われた子供を、その悲しみの感情を狙ってくるであろう怪人をおびき出すエサとして突き放す空蝉丸。まあ今回、こんなモンペ親に甘やかされた糞ガキじゃなかったら空蝉丸もここまで突き放さずきちんと保護していたはずというか、こいつをきちんと成長させるには親がいなければ何も出来ない自身の非力さと直面させるしかないもんなあ。

物事の判断基準も良し悪しも至ってない子供を育てるには飴も鞭も必要。子供に飴しか与えないのは、実のところは子育ての煩わしさから逃れるため子供をとりあえず泣かせないで済ませようという大人の怠慢。子供(バカ親)が子供(バカなガキ)を育てる構図とはこういうこと。
モンペの愛情という名の怠慢から子供を強くするには、実のところは今回、怪人に操られたとはいえ我が子を捨てた親のほうも反省→成長させるべきだったんだよなあ…。
子供の目線から描くべきヒーロー番組で、そこまで一緒に見ているであろう親に嫌われる要素はあえてやらないんでしょうけど。

自分だって決してまだまだ強くないことを認めたうえで、子供に一緒に強くなろうと笑顔で誓い合う空蝉丸。子供の振り絞った勇気が逆転のチャンスをもたらし、かないみか怪人撃破。てか姿が途中で変わるのは負けフラグだって非公認の赤い人が言ってたような言わなかったような(笑)。
逆立ちしてベビー服をひっくり返すと、いかにも怪人らしいデザインの本性が現れるかないみか怪人。本性としての悪党ボイスと、ブラックの唇を強制的に奪ってw操るとか、ラッキューロを子分化してこき使うあたりからして最高だったわwww
チビっ子にとってはそこそこ直球な教訓話というのも戦隊らしい戦隊というエピソード。ええ、ますますウッチーのアイドル化にも磨きがかかった回だったわなあw
次回、またも山下真司さん登場。ネタバレ出ていた9人目、キョウリュウバイオレットの出番も近し…お盆商戦時期の盛り上がり楽しみです。
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://x3318jp.blog21.fc2.com/tb.php/849-0258215e

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

白黒つけようぜ
□□□