銀河機攻隊マジェスティックプリンス #011「オペレーション・アレス」

 2013-06-21
敵の一般兵士の立場が自我を持たないクローン兵士と知り、それを「作られた兵士」としての自分たちと重ね合わせるイズルたち。
そんなことはお構いなしにある意味タマキ主役回というか、エサ(イイオトコ)次第で搭乗機との最高の適合率を発揮するあたり、ある意味タマキ最強パイロット説(苦笑)。

全体的には挿話的エピソードなんだけど、強化人間としての悲哀を語るイズルと、それでも人生を楽しくまっとうできるタマキという両極端なテンションがより「作られた兵士」としての五人の乾いた存在感を浮かび上がらせているというか、ラストシーンでの、暴走状態の機体からタマキを救出するためのメカニックたちの奮闘でちょっとホンワカと救われたわなあ。
5人にとっての「家族」として、メカニックたちがやたらと個性豊かな連中が揃っているのはホントいい要素であります。
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://x3318jp.blog21.fc2.com/tb.php/841-1a748622

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

白黒つけようぜ
□□□