機動戦士ガンダムAGE 第47話「青い星、散りゆく命」

 2012-09-15
12090901.jpg

続く激戦と、サブタイが示すとおりに消えていく儚くも尊き戦士たちの命。ぶっちゃけラストバトル展開としては種や種死よりも、視聴者の感情移入を心得ているわなあ。

前回のザナルドの敵味方もろともな介入を叱責するゼハートながらも、ザナルド、望むところとゼハートに反抗宣言。もはや完全に、ヴェイガン内部崩壊の火種としてザナルドの存在感が確立されちゃった件。
大量破壊兵器による惨劇を目の当たりにしつつも、あくまで自分の戦い方を貫くキオを叱責するアビス隊長。キオが叩ききる寸前で見逃した敵が撤退しつつ反撃してくるあたり、そこで味方に被害が出たら完全にキオの責任となる訳で、アビス隊長としても前回の説教のとおり味方を危険に晒す戦い方を許すわけにはいかないんだよな。
キオの心中にあるのは、地球とヴェイガン、敵味方の立場を問わず出会ってきた儚い命を散らしていった人々。もう、誰かが戦争や住まう環境の違いで死ぬ世界などあってはならない。
現状、キオの尊い決意に反して理解者を得ることが出来ていないのは、アビス隊長の言葉どおり敵の命を奪わない甘さが味方の危険を招く現実と、その決意に見合った結果――救世主としての奇跡的な成果をキオが見せることが出来ていないこと。
本当、もう残り話数僅かで、キオがそうしたヒロイズムを見せることが出来るのか本当に不安で…。この辺ゲームでの結末はどうなってんだろ?

前回まですっかり存在忘れ去られていたファントム3の生き残り、ドリル付きザクレロとも形容すべき試作モビルアーマー・グルドリンにてAGE-FXに決戦を挑む。つか横山光輝先生とか藤子F先生っぽいシンプルなセンスのデザインながら、ビームドリル攻撃が思いのほかインパクト抜群で感心した。
仇敵ガンダムに果敢に挑むグルドリンながらも、アビス隊長の助けもあってAGE-FXを取り逃がす。ここでアビス隊長がキオをディーヴァの援護に向かわせるのは、誰あろう自分が充分にグルドリンに対処できるという圧倒的な自信。
つか、Gエグゼスほどヒロイックな機体という訳でないクランシェカスタムで、本当にグルドリンの欠点を見抜いての冷静な対処の様は、もはやアビス隊長もまごうことなき立派なスーパーパイロット(!)。
それだけに、今回までパイロットとしての活躍がほとんど描写されなかったことや、物語の悲劇性を背負う役のひとりとしての退場が惜しまれるのですが…。

あまりに、あまりにあっけない事故とはいえ、ディーヴァが正面突破のため排除すべき敵艦に嵌ってしまい身動きできなくなってしまうクランシェカスタム。正直言えば今回、キオがアビス隊長の説教に対する回答として、AGE-FX
がアビス隊長を救助しついでに敵艦まで撤退させるという、そんな「救世主としての奇跡を見せる」展開になるもんだとギリギリまで思っていたのですよ。
もはや撃たない限り、敵艦を前にしたディーヴァも危機を脱することは出来ない。アビス隊長の構わず撃ての言葉にも、それでも、確実にアビス隊長の命を奪う命令を下すことが出来ないナトーラ艦長。
何も知らない小娘が突然艦長の大役を押し付けられ、その責任と重圧に対し、誰よりも相談相手としてそして理解者となってくれた恩人。確かにアビス隊長とナトーラ艦長の関係は男女のそれというよりは先生生徒の微笑ましさだったけど、ここで、一番辛い形での、艦長という役目を学ぶ時間からの卒業が描かれることとなるとは。
恩師たる隊長に、最後に、涙ながらに「立派な艦長」として成長した姿を見せ、攻撃命令を下すナトーラ艦長。

アビス隊長に感じていたキャラクターとしての物足りなさは、先輩パイロットとしてキオを導く役目だったんだけど、アビス隊長が真に導いていたのはナトーラ艦長の成長だった訳で。アビス隊長に導かれたナトーラ艦長の指揮の下、問題児の集まりとしてバラバラだったディーヴァクルーが結束するあたりは(単に描写が減ったというだけでもあるんですが)、アビス隊長からの卒業を持ってディーヴァ側のドラマは終焉したということですかね…。

ディーヴァに起きた悲劇を知ることなく、なお戦場をさまようキオの前に立ち塞がるのは…志願兵となっていたルウの兄・ディーン。
嗚呼…こいつももうちょっと早めに登場させて、同じXラウンダーとしてキオのライバル格に育て上げてキオに葛藤をもたらす役とかいろいろ出来たはずのキャラクターだったんだがなあ。
キオとの決闘の末、敗北を認め、地球に立てるはずのルウの墓に共に赴くことを約束するディーン。もしかしたら、キオの理想の最初の理解者になってくれるかもしれなかったという可能性を残し、あえなくザナルドによって捨て駒扱いされて宇宙に散る…。
理想を追う者にとっての最大の障壁は、いつだって自分のことしか見ることの出来ない俗物。敵を討つためなら部下の命など捨て駒というザナルドの俗物ぶりに、ついに、怒りのままにAGE-FXに隠された最強の戦力、バーストモードを発動させるキオ。

全身から噴き出したビームの刃にて敵を斬砕するというバーストモードの概要を見るに、ああ、タイタスの設計コンセプトはやっぱり正しかったんだなあ。
ザナルド機の四肢を徹底的にバラバラにし、いざディーンの仇を撃つという寸前で我に還り、ザナルドの脱出を見逃すキオ。
救世主という理想と決意を掲げたはずが、目前の友達の命も救えず、そして憎しみのままに自身に架した制約を破って敵を殺しかけた。かつて、フリットが体験してしまった悲劇をほぼなぞってしまったキオ。
敵側の事情を知ってしまっている分、敵に対しての憎しみに身を染めることがない分キオはまだ救われてはいるんだけど、自分の理想などあまりに無力だったことを目の当たりにもしてしまっている訳で。本当にラスト2話でどう決着をつけるんだろうなあ。
次回、予告に登場したキャラたちの生死が心配でたまらないぞ(汗)。

HG 1/144 RGE-G2100 クランシェ (機動戦士ガンダムAGE)HG 1/144 RGE-G2100 クランシェ (機動戦士ガンダムAGE)
(2012/09/08)
バンダイ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://x3318jp.blog21.fc2.com/tb.php/669-4a454aff

機動戦士ガンダムAGE「第47話 青い星 散りゆく命」/ブログのエントリ 【anilog】
機動戦士ガンダムAGE「第47話 青い星 散りゆく命」に関するブログのエントリページです。
【2012/09/15 22:50】
コメント
詳細ネタバレを最終回分まで見たんですけど…
自分は本編最終回より、わたなべさんの最終回感想の方が気になります………。。。

あ、リュウブルド受注開始したみたいですぜ
【2012/09/15 22:27】 | バ木 #- | [edit]
バ木 #-様>
コメントありがとうございます。なんだかゲームのほう、先に進めたいのにテレビで最終回見るまでは触れてはいけない気がしてきたというか(汗)。
リュウブルド…ぐぬぬ、悩む。
【2012/09/16 00:07】 | わたなべ #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

白黒つけようぜ
□□□