FC2ブログ

Steins;Gate 第19話「無限連鎖のアポトーシス」

 2011-08-10
オカリン、最後のDメール消去に挑む。
タイムリープを繰り返す度、もはや何の躊躇もなく紅莉栖に助けを求められるようになっているオカリン。どんなにタイムリープを繰り返そうが、決してあなたは孤独じゃないとオカリンを励ます紅莉栖のいじらしさが身に沁みますですよ。タイムリープ初期の頃、半信半疑な扱いだった頃を思えばやけに素直にオカリンの言葉を信じるようになってる紅莉栖。愚考すれば、紅莉栖もまた(オカリンが因果を重ねたことによる)リーディング・シュタイナーが働いて、無意識ながらも事態を素直に受け止められるようになっている…のだろうか?

今やオカリンにとっての憎むべき仇敵、萌郁の住居を調べるも、彼女は既に自ら命を絶った後…というの出だしが実にタイムリープ物ミステリー。
萌郁がまだ生きていた日付へと飛び、そして目の当たりにする、自らの居場所もなく、誰にも必要とされず、ただラウンダーの指示者である“FB”なるメールの相手の存在だけに依存していた哀れな女の姿。つか、まさかほぼ原作どおりに、まゆりを殺害した相手に対するオカリンの容赦ないバイオレンス描写が思いっきり炸裂するとは(汗)。萌郁の顔面歪ませる思いっきりのマヂパンチにドン引きであります。

前回、前々回と駆け足気味な話が続いたせいか、萌郁というキャラに対する孤独感と憐憫をじっくり描いたあたり、これまで目立たなかった彼女のやっとのヒロイン編という感慨も。
身寄りもなく、自らの居場所のない孤独な境遇を打ち明ける萌郁にオカリンがふと思い出す、彼女自身が、自らのDメールで消してしまった…未来ガジェット研究所の一時のラボメンとして仲間達に囲まれていた姿。もしかしたら、ラウンダーというリスキーな立場も捨てて、萌郁が得ていたかもしれないかしましくも暖かな居場所という可能性…。もはや萌郁を哀れな女として、ついにその時迫る、その萌郁を利用したFBとオカリンの対決。
次回、原作上がりとしてたぶん原作ゲームやってて一番驚いたところ。次回で、いろいろなところが繋がるのですよ…。
スポンサーサイト




トラックバック
トラックバックURL:
http://x3318jp.blog21.fc2.com/tb.php/413-de9db7b5

(アニメ感想) Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第19話 「無限連鎖のアポトーシス」 【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
STEINS;GATE ドラマCD γ「暗黒次元のハイド」ダイバージェンス2.615074%(2010/06/02)ドラマ、宮野真守 他商品詳細を見る ☆ Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第18話 「自己相似のアンドロギュノス」の感...
【2011/08/12 19:17】
コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

カテゴリ

白黒つけようぜ
□□□