FC2ブログ

海賊戦隊ゴーカイジャー 第24話「愚かな地球人」

 2011-08-07
裏切り、騙され、捨てられようと、この手に欲しい物はただ愛ひとつ。
どんなにどん底に打ち捨てられようとlive on my dream, 運命なんてこの手で掴む。

笑聖・世界の浦沢義雄&坂本太郎監督コンビ、自分らの担当怪人ジェラシットを引き連れゴーカイジャーに再臨。今回、最初から最後まで常人に浦沢脚本の先を読むことがどれだけ不可能かと思い知らせてくれるというか、オチ付近の時間帯のツイッターの異常な書き込み量を自分は生涯忘れないことだろうなあ(笑)。
ジェラシット役櫻井孝宏が「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のゆきあつ役というのもあってすっかり自分の中でネタ声優として定着しているというか、いやあ今回も浦沢脚本を受けてのブットビ具合が流石の域。もう櫻井は今年はゆきあつとジェラシットだけで他に仕事しなくてもいいんじゃないかな。

粗大ゴミとしてザンギャックから捨てられたジェラシットが、オバハンに生ゴミ扱いされたところから始まる二転三転する怒涛のストーリー展開。タコ焼き屋のあんちゃんと戯れるジェラシットの姿を見た瞬間、関わりあうのを避けようとするゴーカイジャーたちがいい判断というか、今週のザンギャック怪人出現にやむなく変身し、とうとう事態に巻き込まれるあたり…。マーベラスたちが普段の番組の世界観から、ズルズルと浦沢ワールドに引きずり込まれるという雰囲気がやたら好演出。
つか、もはやジェラシットとタコ焼き屋怒涛のドラマの影に隠れて、情報戦を展開しようとした今週の怪人の作戦が結局なあなあに終わってしまったのがなんとなく惜しい気も。こいつの作戦だけでも普通にエピソード1本作れそうだしなあ…。常人に世界の浦沢義雄の脚本意図なんか計り知れないけれど、今回、ちょっと詰め込みすぎではとか思ってしまうあたり、自分ごときではまだまだ浦沢義雄度が足りないということか(汗)。

宇宙人に偏見を持ってたオバハン、宇宙に生きる者としてのジェラシットの、住む星を問わない大きな愛を知る。ここまでで充分にいい人情話なのに、そこから先まで描いてしまうのが世界の浦沢義雄の恐るべきところというか…あの予★想★GUY★に過ぎるラストを、番組見てた誰が想像できたというのか…。
結局今回、タコ焼き屋のあんちゃんか不幸になって終わりというのが笑っていいんだか反応に困るオーラスwww 去り行くマーベラスたちの背中が、やっぱりジェラシットに関わるんじゃなかったという後悔を引きずってるように見えるまで、いやあ、なんだかジェラシット編があと1回ぐらいはあるんじゃないかって悪寒に思えてきたわwww

次回、予告のサタラクラとサンダールの声からして「おおっ!」と唸りつつ、ついに告知されてたとおりハリケンジャー三人揃って参上! まさに夏休みスペシャルな前後編になりそうだわなあ。毎度毎度楽しみすぎますです。
スポンサーサイト




トラックバック
トラックバックURL:
http://x3318jp.blog21.fc2.com/tb.php/409-7d30d2dd

海賊戦隊ゴーカイジャー 第24話「愚かな地球人」 【MAGI☆の日記】
海賊戦隊ゴーカイジャーの第24話を見ました。 第24話 愚かな地球人 「今日はみんなで外に食べに行かない?」 「たまにはいいですね」 「あたしは回転寿司が食べてみたい。なんかお寿司がクルクル回る...
【2011/08/08 15:49】
コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

カテゴリ

白黒つけようぜ
□□□