あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第8話「I wonder」

 2011-07-22
久々の再会を経て、じんたんからすれば変わったように見えて実はみんなほとんど変わっていなかった超平和バスターズの面々。でもそれは、めんまの死という事件からずっとみんなの中で(めんまの家族まで含めて)時間が止まっていただけのこと。自分の娘は死んで、その友達は時間を重ねても仲良しのまま大きくなっている。その事実に耐え切れずに心を病んでしまっていためんまの母親の姿があまりにも切ないわなあ。
めんまのために花火を打ち上げる。子供にとってハードルは高くとも、そんな他愛のない行為が壁にぶつかったことでことごとく露呈していくあの日以降みんなの胸に刻み込まれていた深い傷跡。ひとりだけめんまが見えて、ひとりだけめんまに救われていることの不公平を嘆くじんたん自身にとっても、現状はあまりに壁に過ぎるんだわなあ。

息子のことに無関心に見えて、実のところは息子を黙って見守っていたじんたんの父ちゃん。悩み苦しんでいるとき、自分自身の家族が一番の味方という心強さが、挫けそうなところで背中を押す…というのが何気に泣けるよ。
当時はまだチビだっためんまの弟の思い出に残っていた、姉が、超平和バスターズという仲間の一員であることを心から誇りに思っていたこと。壁にぶつかったことで再び分裂しかけた超平和バスターズ一同の元に思わぬ形で届く、仲間たちがずっと仲良しでいてほしいという…“今現在の”めんまの願いが込められたメッセージ。
まがりなりにも、めんまがじんたん以外の超平和バスターズの面々にその存在を示す(意思疎通の手段を得る)という展開は、なんだかいよいよ話がクライマックス間近に来たというのをまじまじと感じるところ。ここからの現状打破に、超平和バスターズが如何に団結していくかというのも今後の見所になるか。
この先が楽しみで、ダ・ヴィンチやオトナアニメの「あの花」特集のページを開けられない…。

ダ・ヴィンチ 2011年 08月号 [雑誌]ダ・ヴィンチ 2011年 08月号 [雑誌]
(2011/07/06)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://x3318jp.blog21.fc2.com/tb.php/391-b5cb82bc

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。「第8話 I wonder」/ブログのエントリ 【anilog】
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。「第8話 I wonder」に関するブログのエントリページです。
【2011/07/24 15:33】
コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

白黒つけようぜ
□□□