FC2ブログ

STAR DRIVER 輝きのタクト 第8話「いつだって流星のように」

 2010-11-21
スガタとタクトがタイマン張る話。

物語の最後はバッドエンド。サカナちゃんの長い長いお話の終幕にヘッド、ガッカリの上サカナちゃんを突然リストラへ。
「お互いに好きでも、どうしてかうまくいかなくなる」というサカナちゃん本人の言も、彼女の綴ってきた物語がサカナちゃんの心理の吐露でもあったとしたら、

本当はお互いに好き→だけどきっと未来は破滅

という予感をヘッドに与えたんですかね。
サカナちゃん、かくして晴れて自由の身となり、フェリーに乗って傷心の旅立ちへ。まあなんとなくというか、戻ってくることは確定事項なんでしょうけど。

ナイフを隠し持った少年、ギスギスしたオーラを放つの巻。前回以来なんとも関係がぎこちないものとなっているスガタとタクト、そしてワコ。
偶然知り合った三人が、たまたま気が合う学生同士ということで築いた友達関係。だけど避けて通れないのは三人の胸に拭うこと出来ない印として刻まれたサイバディを巡る運命。
夕陽の照らす丘はいつだって、男同士が腹を割って本音をぶつかり合うべき場所。恣意的にしてともすればパロディ的な舞台なれど、番組テーマのはずの「青春の謳歌」にこれほど相応しい舞台はないです。

きっかけは、スガタがワコからの誕生日プレゼントを拒絶したという出来事。
「お前、本気で誰かと向き合ってないよな」
「泳いで島に渡ってきたのは、自分の生死を試すつもりだったんだろう?」
互いが互いの本音を知らないからこそ生まれる軋轢と誤解。互いの関係を見つめ直し、腹の内を引き出すのに必要な
ものは、互いが互いに与える拳の痛み。
スカーレットキスによる、ゼロ時間内に引きずり込まれスガタ本人が捕らわれるという横槍さえも越えて、ついに初めて真正面からぶつかり合うスガタとタクト――。

嗚呼、これもまた今回、真っ向からの“男”話なんですわなあ。前回スカーレットキスがスガタに施した第一フェーズの能力――キスした相手を意のままに操ることにより、自らのサイバディのパワー源にすることを目論んだ浅はかな考えも、逆にサイバディを乗っ取られ、男同士の殴り合いの邪魔者扱いにしかならないスカーレットキス。
つか、前回予告を見て、今回スガタが乗っ取ったサイバディこそ、まだ見ぬ“王のサイバディ”ザメクって思ってたんですけどねえ。暗色系のカラーリングといいタウバーンと対を成す姿形といいやたらライバルメカっぽいし。

「ナイフは、ワコを守るために持っていたんだ!」
綺羅星も、互いの運命も関係ない、男同士の純然な殴り合いの喧嘩の果てに放たれる無愛想な少年の本音は、好きな少女を守りたいという不器用な気持ち。
おそらく初めて、この島に縛られた運命を背負って生まれ育ってきたスガタが、自分の本音を他者に向かって叫んだ瞬間――。

意外なまでに早く二人の対決展開が来てしまったか!? と前回の予告の時点で驚きだったのですが、今回の話は実は男同士二人が本当の親友同士になるためのイニシエーション。やべえなあ、昔ながらの学園漫画をいい熱量を持って展開させてるというか、こうした“本音を言い合える関係”が築かれるという話は、おっさん世代視聴者としては大歓迎でもあったのですよ。
次回以降、今回ぎこちなかった三人の関係がより打ち解けたものになってることを期待するのも、おっさん視聴者としてのまごうことなき希望。まあ予告の限りでは、今回初登場を果たした美少女転校生がまた三人の関係を引っ掻き回す話になりそうではありますが(苦笑)。綺羅星綺羅星とかいうエキセントリックな面ばかりが前面に目立ちつつ、古臭いまでの青春の謳歌の物語が何気に見ていて心地よいなあ。

今回、今までサカナちゃんの歌声に乗って登場というイメージが強かったタウバーンながらも、今回は雄々しいBGM(本来の登場BGM?)と共にロボットアニメらしく出現。BGMはやはりロボのイメージを左右する重要要素というか、スガタとの対決というシチュエーションもあいまって、華奢なタウバーンがやたらかっこよく見えてしまった。今後も「タウバーンといえばこの曲」ってぐらい楽曲のイメージが定着してほしいもんですが。
あと、今回明らかになった、スガタとタイガー及びジャガーの冷酷な関係ながらも…。やっぱり互いに、役目は役目として純粋な家族同士としての関係であり続けて欲しいなあ。メイドさん二人のスガタに対する愛情を見るに、コレが悲劇フラグだったりしたら辛いわな。
スポンサーサイト




トラックバック
トラックバックURL:
http://x3318jp.blog21.fc2.com/tb.php/234-8e5c815e

(スガタ)STAR DRIVER 輝きのタクト 第8話「いつだって流星のように」(感想) 【失われた何か】
感想 余所者と島暮らしの田舎者の カッコイイ二人が織り成す友情物語!! 男同士の理解に言葉は要らない。 拳のみが二人を結び付けたお話でした!!! 「言葉といつも想いに足りない」という言葉があ...
【2010/11/21 20:34】
【蒼き流星となって(嘘】STAR DRIVER 輝きのタクト 第8話「いつだって流星のように」 【世界日本ハムの哀れblog@VIVOより美味いのはVIVOだけ】
 で、この枠ってどうなるんでしょうか?土6から日5に移って、1発目のギアスで視聴率的に爆死して、00はそれよりマシ?ハガレンは劇場版も出来るってことは多少マシ?で、確かBASARA弐がそこそこ良...
【2010/11/21 20:52】
STAR DRIVER 輝きのタクト 第8話「いつだって流星のように」 【SERA@らくblog】
さよなら、さかなちゃん…(ぇ) って次から誰が決闘の時に歌うんですか?(^^; 最初の一区切りとなる展開。 そして、キミとボクは熱く はぁはぁ言うのですね(ぉ)  ▼ STAR DRIVER 輝きのタクト ...
【2010/11/21 22:20】
STAR DRIVER 輝きのタクト 第8話「いつだって流星のように」 【明善的な見方】
Cross Over(アニメ盤)第1章が終わったという感じでしたね。 というわけで、今回は・・・ ハァハァハァ祭!
【2010/11/22 00:04】
(アニメ感想) STAR DRIVER 輝きのタクト 第8話 「いつだって流星のように」 【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
STAR DRIVER<スタードライバー>輝きのタクト 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る スガタが目覚めた翌日。学校の風景はいつもどおりに戻ったが、タクト、ワコ、スガタの3人を取り巻く空気はどこかぎこちないものとなっていた。一方、その日の夕?...
【2010/11/23 00:12】
コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

カテゴリ

白黒つけようぜ
□□□