08/02のツイートまとめ

 2014-08-03
x3318jp

映画そのものの新鮮さもあるけど、個人的には満足して楽しめました。あと、戦隊&ライダーの上映が8時半から、ゴジラが10時半からという劇場内ハシゴ強行軍。やたら疲れたというか、ライダーの途中で眠気が(苦笑)。楽しかったからいいや。ゴジラはまたもう1回ぐらい見に行きたい。感想終わり。
08-02 22:13

監督ギャレス・エドワーズは新鮮な切り口から見事に攻め入ったのだなと(手塚昌明監督や北村龍平監督がやりかけていたこと…とも思えますが)。あ、主人公による家族再生のテーマも、非常に日本の怪獣映画らしいですw 
08-02 22:13

ゴジラを生み出した日本人が、強迫観念的に「核の脅威による人間の犠牲者ゴジラ」という、人間自身の罪と向き合うテーマを無理に背負っていた映画しか作れなくなりかけていただけに、
08-02 22:13

もちろん、前述のとおり怪獣映画にはプロレス興行的なエンタテインメントを求める観客として、ゴジラに対する日本人のドロドロした感情を一切廃した痛快な映画という側面は拍手すべきで。
08-02 22:13

アメリカ人が好むヒロイックな方向に指針を振って、あえてゴジラを人間の脅威と遠ざけたのか、または「核の脅威による人間の犠牲者ゴジラ」像を廃したとも。
08-02 22:12

「ゴジラ対人間の図式は(ほぼ意図的に)主軸から外されてる」「そのゴジラの存在意義を、人間にとっては救世主とも描いている」…とか。
08-02 22:12

むしろ、ゴジラというよりは金子修介監督による平成ガメラシリーズという雰囲気だったんだけど、これは「ゴジラよりむしろ敵怪獣の生態を丹念に描き、その脅威を重視して描いている」、「ゴジラの目的が、生態系の脅威となりうるムートーの排除と見える」、
08-02 22:12

ゴジラ。血の気が多い怪獣バカとして、怪獣映画の本懐は怪獣同士の肉弾戦のダイナミックさにあると(自分が勝手に)思ってるので、そういう意味では凄く良かった。
08-02 22:12

なんだかんだ言いつつ、今までの金田治監督作品のスカッとする痛快振りが好きなだけに、金田アクション演出に似合うのは米村正二脚本の「いンだよ細けえこたぁ~」な脳筋ぶりだったなというのを再認識したw あ、湘南乃風の劇場版主題歌は好き。
08-02 22:11

あと、むしろ金田治監督がサッカー以上に力を入れていたのは間違いなく極アームズ対仮面ライダーマルスの、実際に馬に跨っての騎馬戦で。東映らしいダイナミズム溢れる時代劇的画ということでやたら迫力あって喝采。むしろこっちのほうがよっぽと鎧武の世界って気がしてなあ。
08-02 22:11

東映が誇るアクションエンターティナー金田治監督による映画の華々しさが光るだけに、滅びに向かう世界という現実に戻っていくのが辛くそして重い。
08-02 22:11

Jリーグとのコラボという映画最大の目的が、TV本編の重々しい展開の空気と乖離しすぎていたのがやっぱり辛いんですよ。
08-02 22:10

実はこのサッカー世界のベースにあったのがオーバーロード世界だったとか、そして、たとえ本編世界と違う世界の住民としても、いつだって登場人物の希望のメタファーである舞の存在意義とか…見所は多々あったはずなのに。
08-02 22:10

デモベの10年来のファンとして鋼屋ジン脚本は凄い楽しみにしてたし、本編とリンクするオーバーロードの滅びた理由と、オーバーロードの「自滅」の象徴ともいえる片岡愛之助の濃ゆさとか、そうした映画本編の濃ゆさ全部を持ってってしまうゴン中山とかw
08-02 22:10

鎧武。MOVIE大戦も仮面ライダー大戦もそれなりに楽しめた自分をしてなんとなくガッカリ感が拭えないのは、自分が「楽しい夢から覚めたら、辛辣な現実が待っていた」というオチが苦手だからかとも思うんだけど、つくづく鎧武には本編の空気にそぐわないコラボ編は似合わないなと認識を新たにした。
08-02 22:10

あとサファリガオー、ロボ形態の出番が短いとはいえ、まさかスーツ作られてなかったとは(汗)。秋ごろにかけてテレビにも登場するはずと踏んでたけどどうなるかなあ。
08-02 22:09

やっぱりサファリレッシャー宇宙への帰還をラストに持ってきてほしかったというのはあるんだよな。バラバラになった各烈車も地球に落下し、宇宙に戻るには全烈車を探さなければならないとか。宇宙に帰る前にサファリガオーに合体してのラストバトルだって出来たはずなのにね。
08-02 22:09

あと、戦隊の夏映画が劇場用ロボの販促にもなってるとはいえ、あれだけ物語全体を使って盛り上げて宇宙に送り出したサファリレッシャーが、あっさりラストバトルに駆けつけるのは微妙に肩透かし感。
08-02 22:08

ビジュアル的にも、そしてトッキュウジャーのテーマである「イマジネーションが夢を叶える」までもやりきったという意味でも良作。個人的、なんてっても関根勤車掌が無駄にかっこよかったのが最高に良かったw
08-02 22:08

さて夏の特撮三昧劇場ハシゴ感想。ネタバレ含むので注意。トッキュウジャー。宇宙から地球に落ちた烈車を宇宙に帰すのにイマジネーションが必要ということで、ビルからスカイツリーにかかる線路に、みんな(観客まで含む)のイマジネーションを集中させる虹のゲート。
08-02 22:08

夏影来たか…。ゲーム中の記憶とか川上とも子さんへの切なさとか一気に募ってくる。#aniaca
08-02 15:06

劇場から帰宅してアニアカ。今日はおっさんくさいな。#aniaca
08-02 14:04

鎧武、ライダー映画見てる途中で眠くなったのも初めてだな。続いてゴジラ。
08-02 10:30

早起きして劇場。戦隊、ライダー、ゴジラと地獄の特撮ハシゴツアーじゃ! フゥーハッハッ!
08-02 08:15

スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://x3318jp.blog21.fc2.com/tb.php/1565-c5732d88

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

白黒つけようぜ
□□□