仮面ライダーウィザード 第48話「賢者の石」

 2013-08-31
すべてが明かされる物語の謎。
コヨミを人間として甦らせる、そのためにはどんな犠牲も厭わない笛木と、その笛木の危険性を目の当たりに笛木当人を探して焦燥を募らせる晴人。
今回、終始晴人が追い詰められてる話ではあるけど、実際追いめられてるのはコヨミでもあるんだよな。
娘を失った笛木の絶望と、その絶望を喰らって生まれた訳ではなく、執念を込められて生み出された人造ファントムとしてのワイズマン。
最初のサバトを開き、多くの人間を絶望の縁にて殺害し、多くのファントムを生み出したのも…すべてはただ、コヨミのため。
平成ライダーとしては珍しく、ヒロインの犠牲で物語が終了する線が濃厚なんだよなあ…。笛木とコヨミの関係が、それこそ神崎士郎と優衣の境遇に重なるというのもあるので。

笛木に囚われの身になっていたのが生還し、やっと病床にて目を覚ました木崎からもたらされる笛木の正体とプロフィール。
娘の死の運命を捻じ曲げるため、狂気に走り、多くの人間を犠牲に追いやってきた笛木。皮肉にも、元からシリアルキラーであったソラもそのひとり。
笛木が自らの計画を進めるにあたって、イレギュラーとなった要素は三つ。
自分の掌のうちにいない未知の魔法使い=古の魔法使いであるビースト。
人間としての意志を失わず、ファントムの肉体を我が物としてしまった未知の怪物=ソラ。
そして、晴人自身の魔法使いとしての成長が生み出してしまった、笛木をも脅かしかねない未知の魔法の力=インフィニティーリング。
インフィニティーリングそのものは今笛木の手にあるとしても、ビースト/仁藤もソラも、これまで物語を追って来た限り一筋縄ではいかない相手。
むしろこの敵味方のふたりが、物語の展開をどう転がすかが今後の最大の興味とも言えますが。

ついに笛木と対面し、驚嘆の事実を晴人が知る一方、仁藤の前に姿を現す、洗脳され魔法使いとされてしまった心優しき自転車少年・譲。
そして、コヨミを救うためとはいえ笛木の行為を決して許せない晴人の前に立ち塞がる、やはり洗脳され魔法使いとされてしまった轟鬼さん…。
真由を含む3人の仮面ライダーメイジのマスクの宝石のカラーが、きちんとウィザード同様エレメントごとに色分けされていた芸コマっぷり(轟鬼さんの緑色は外せないなw)に感心しつつ、なお情念と執着入り乱れる戦いは続く。
最終回前後編はビーファイター最終回みたいな番外編と公表されたのもあって、本編ストーリーはいよいよ残り3話…。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

白黒つけようぜ
□□□