2012年アニメ舌足らずまとめ(後半戦)

 2012-12-31
今年終了アニメだけど、AGEは全話感想あるから割愛。

・LUPIN the Third -峰不二子という女-
前半戦に入れ忘れたので。
そうだよね、あらゆる意味でこれこそが「深夜アニメ」なんだよなあ。これと「ココロコネクト」のおかげで今年は沢城みゆきの凄さを堪能できました。
沢城みゆきによるNEW不二子ちゃんを定着させるための企画でもあったんだろうけど、今や国民的キャラクターであるルパンをアングラにしてアダルティックな空気で活躍させたということで、今後もシリーズにおいてはマイナーな作品扱いされるんだろうなあ。まあある意味極限まで原作ルパンをアニメ化したとも言えますが。

・じょしらく
たとえ絵師を変えようが久米田は久米田。別名極限まで東京を愛するアニメ(笑)。
原作をアニメ化するにあたっていい意味で膨らませた、幸福でもあるアニメだったと思います。今年、録画を2回以上見たアニメはこれだけだよ。ノリもテンポもマリーさんの脱ぎっぷりもホント良かった。大好きだ。

・人類は衰退しました
童話じみたビジュアルとシニカルな世界観。田中ロミオ作品についてはぶっちゃけアダルチョゲーで触れる機会が多かったので、ストーリーテラーとしての力量は安心感を持っていましたが、このシニカルさと黒さは今年放送のアニメで異彩を放つ存在感だったなと。
こと物語で視聴者を引っ張る作品として、毎回楽しみに見れましたです。

・ココロコネクト
もはや番組タイトルが例の事件とイコールになってしまっているのは残念だなあ。
消極的な人生を送る半端者たちが集まってのすこしふしぎ青春群像。毎回毎回見てる視聴者の胃にストレスを溜め込むようなアニメながらも、それらがキャラクターたちの感情の爆発によって氷解していく爽快感。
キャストたちの熱演もあって好きな部類のアニメだっただけに、製作陣の周りにろくな奴がいなかったことが悔やまれるなあ。

・だから僕は、Hができない。
見事なまでのエロ特化。中盤で主人公異世界の英雄化展開は正直いらんかった。個人的には最後まで地に足の着いた舞台でのエロ馬鹿ラブコメで通してくれたら評価がかなり上向きに変わっていたんだろうけど、原作の物語に沿ったとしたなら仕方ないのかなあ。

・超速変形ジャイロゼッター
元気なバカ小学生の主人公とかっこいいロボ、そしてちょっとお色気ありの夕方キッズアニメ。
個人的には非常に「見たかった」部類のアニメ。これであとは、もうちょっと子供の日常とか季節のイベントに沿った内容でいいと思うんだがなあ。
純然な子供向けロボットアニメの、現状最後の希望として盛り上がっていってほしいです。

・PSYCHO-PASS
極限の情報管理社会に破裂する、昭和の刑事魂。ドーベルマン刑事とかザ・ゴリラ読んでた世代としては意外な拾い物アニメでした。
舞台設定とかより何よりも、どうしても泥臭いまでの刑事ドラマに注目してしまうというか、来年以降の展開が凄く楽しみ。

・ROBOTICS;NOTES
シュタゲと直接世界観が繋がった物語でありつつ、今のところ青春ドラマ路線ばかりが強調されすぎてて、シュタゲにあった視聴者をも追い詰めてくるサスペンス感覚というのが乏しいんだわなあ。
一応伏線はいろいろ張り巡らされている現状として、それこそ後半からがシュタゲ並みに化けてくれること期待。同じノイタミナ枠として、むしろPSYCHO-PASSがこのアニメのついでのはずだったのに、今ではこっちのほうが自分の中でついで扱い…。

・ジョジョの奇妙な冒険
究極の原作リスペクト。
原作のクセのある世界を、魅力を取りこぼすことなくアニメ化するにはどうしたらいいのか? その回答があまりに愚直、あまりに馬鹿正直。だからこそ、もはや他のアニメの追随を許さない独自的な演出が凄すぎるそして魅力的過ぎる。
自分の一番好きな2部がまさに展開中というのもあって、やたら楽しみです。声優のテンションも、ココロコネクトと違った意味で凄いよw

・リトルバスターズ!
原作リスペクトという意味ではジョジョに負けじ劣らずのはずなんだけれど、どこか「コレジャナイ」という空気が漂うのはなんなんだろうなあ。
ゲーム原作アニメとして、原作ゲームとアニメでどこかテンションが異なってくる部分はあって当然なんだろうけど、なんだかな、自分が原作ゲームをプレイしたのと別の作品のアニメを見てる気分…。これは京アニが「AIR」と「Kanon」作っていた時には覚えなかった感覚。
スタッフがどこかで原作を取り間違えた方向にいってて、それがアニメに現れてるということなんですかねえ…どうも言葉にし辛い。

・さくら荘のペットな彼女
良作。容赦ない天才たちからのプレッシャーと比較に悩み苦しむ主人公が、少しずつでも自身の立ち位置を獲得すべく立ち上がっていく様のなんたる感動。
努力・友情・勝利というジャンプ三本柱がなんとも根付いてる作品というか、こうした人生のエール的作品って、とことん海の外からのプレッシャーに立ち向かってきた日本人の気質に好まれるんだろうなあ。

・お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ
川口敬一郎監督らしい気軽な作風。舞台的な広がりが潔いまでに皆無という箱庭空間での、ヘンテコなヒロインたちが集ってのシチュエーションコメディー。
むしろ実の兄への色情に狂った変態妹が、周囲を巻き込んでの大騒動アニメ…。タイトルを見た時点ではそうなるんだと思ってました(笑)。

・中二病でも恋がしたい!
氷菓から連発される京アニクオリティー。これも中盤からの鬱展開へのブレっぷりがなければ、かなり楽しく付き合えたはずなんだがなあ。ボーイ・ミーツ・ガールを描くのに、どうしても心にまで踏み込む鬱展開が必要になるかなあ?
キャラクターたちが楽しかっただけに、コメディー一辺倒に振り切っても良かったんだけどね。文句はあるけど結構楽しんで付き合えました。

・ひだまりスケッチ×ハニカム
鉄板。好きすぎて毎回冷静な感想が書けない。人類は、ひだまりスケッチを見るために誕生したのだとつくづく思うです。

・ガールズ&パンツァー
今年最後の大ヒットアニメ。地域タイアップアニメというスタート地点は同じなのに、見事にラグランジェと差が付いたのは、かっ飛んだ世界観と共に戦車という昔からのモチーフにいたディープなファン層を掘り起こせたのが大きいかなあ。
女子部活モノという爽やかな作風と並行する、魅力溢れる戦車描写。来年以降、戦車プラモブームが来るなんていう楽しい状況が起こることを願ってやみません。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

白黒つけようぜ
□□□