機動戦士ガンダムAGE 第42話「ジラード・スプリガン」

 2012-07-29
12072301.jpg


ええジラードさんはこの後復讐の虚しさと罪深さを悟り、地球とヴェイガンの和平を訴える平和主義者として物語に関わる重要人物となります。クスコの聖女ことジュリア姉さんのように。

そういう訳で、今回のジラードの扱いはもはやヒロインレベル。ジラードの描写に割く時間と手間をウェンデイに与えてやれよ(泣)。
ドリルビットを装備したマッドーナ工房製(またかよ!)Xラウンダー専用MS、ティエルヴァを駆りガンダムに挑んでくる元連邦の女パイロット、ジラード・スプリガン。将来有望っぽいXラウンダーは味方にして自分の理想主義に引き入れようとキオ、さっそく大人のお姉さんをショタ魅力で口説き落とし開始。だからいい加減、大人の凝り固まった恨みつらみに子供の青臭い理想主義は通用しないって悟れ。

ジラードのキャラとしての役割は、間違いなくシャナルアさん、ルウに続いてキオに大きな影響を与えるひとりとなるはずで、それがあるからこそジラードの絶望と苦渋の過去回想に今回の尺の大半を費やしたはずなんだけど…。
なんとも今回、もう3週続いている月面の激戦の流れを思いっきりぶった切ってるというのもあって、モヤモヤ感というか消化不良感というのがこれでもかだなあ。むしろ、今回ぐらい尺を大きく食っておいて、次回で亡き恋人の名前を呼びながら散る…とか許されないだろ。

そういやフラムに対しジラードがいちいち突っかかるのは、自分の過去の苦渋ゆえに現行で恋しちゃってる(笑)彼女に対するやっかみ半分ってのは判るけど…ガンダムとの対決に固執した理由って何? こんなんだったら過去、フリットが設計したAGE-3の試作機あたりのテストパイロットこそが彼女の死んだ恋人で、試作機が事故起こして彼氏が死んだという「ガンダム」に対する恨みからガンダムと敵対すべくヴェイガンに付いた…ってほうがまだ判りやすいんだけど。
もちろん、彼女の過去の恨みつらみのいきさつを知りつつも(戦闘中に、たかだか一パイロットの過去を洗いざらい調べてるディーヴァブリッジはどうやら現状平和な位置の様子)、ヴェイガンに付いた以上は自分の敵だから殲滅するとフリット殺る気まんまん。
新装備を施したフルアーマーAGE-1で出撃しつつ、いかんフリット、フルアーマーは背中にキャノン砲つけるのがMSVの嗜みだぞ! フルアーマーAGE-1の背中にキャノン砲が付いてなかったせいで(違)、Xラウンダー同士で干渉を起こし、その場で四すくみどころか五すくみ状態となってしまうキオ、ジラード、フラム、フリットそしてゼハート。スーパーパイロットだからXラウンダー関係ねえとアセム、まさに敵機全機撃墜のチャンス(笑)。

つか事態はまさしく、ツインドライヴ全開によるトランザムバースト発動。戦場に集まった人間たちの脳量子波が絡み合い分け隔てなく意識が重なり合ってる状態。この流れでやっと、ここに集まったXラウンダー5人が互いに互いを「理解する」って流れになるかなあ。
次回、何気にスパロボっぽい燃えるサブタイとして、さすがに月面での戦いに決着つけろよ。あとジラードやっぱり死ぬのに10円(汗)。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

白黒つけようぜ
□□□