まよチキ! 第9話「しばらく旅に出ます」

 2011-09-28
BS-TBS視聴。マサムネ回なので近次郎、マサムネのバイト先のメイド喫茶で一緒にバイトの巻。
まあ今回スバルが完全に脇に回っている分ツンデレメイドマサムネにゲヒゲヒ萌えてりゃいい話なんだけど、やっぱり物語の主人公の貫禄(汗)として奏が介入してきてからが話が盛り上がってくるなあ。
ここぞとマサムネと近次郎をご指名してメイド喫茶のアレやらコレやらのサービスを強要、ついでにいつもの息を吐くような大ウソで近次郎を極度のメイド萌えの変態に仕立て上げてしまうあたりのなんたるタチの悪さ。ええもちろん、メイド萌え変態視点でのメイドさん作画の数々が清々しいまでの視聴者サービス。ラッキースケベによる生乳揉みハプニング描写からして、深夜アニメのセオリーに素晴らしく忠実だ(卑笑)。

店のメイドさんたちにも白眼視されかける近次郎のメイド萌え変態疑惑を晴らすため、自ら身を投げ打つマサムネの健気さ…。「友達のため」という彼女の心意気と相反する、ガーターベルトに拘束され締め付けられた真白い太腿とスカートの間の絶対領域描写にかける作画のなんたる気合のいり様。嗚呼、男の夢をめいっぱいメイドさんへの愛に詰め込んだ、男の中の男のアニメだったのだなあとやたらしみじみ。
奏の目的はハナから、ツンデレキャラとしてのマサムネをちょっと素直にしてみたかっただけ。近次郎から電話がかかってくるときのマサムネの携帯の着メロは、近次郎が好きな曲。近次郎と出会うまでは友達いなかったというマサムネのプロフィールを思い返すに、友達(?)のために懸命になるマサムネという純情描写がなんとも微笑ましかったです。
あと、前回の告白とも取れる近次郎への言葉を、照れから「これからも親友でいようなって意味だから」と慌てて言い直すスバル。前回で予感した、スバルと近次郎の関係に関する急転はどうやら矛を収めた模様というか、なんだかスバルの尻込みが他のヒロインの存在感を際立たせる…なんて展開になりそうではあります(物語前半が、スバルひとりで引っ張っていたという反動が出てきたのかも)。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

白黒つけようぜ
□□□