仮面ライダーオーズ/OOO 第19話「赤いメダルと刑事と裏切り」

 2011-01-29
物欲は人の理性を狂わす本能、
我が身大事もまた本能的な欲。
その本能は時に信頼も、絆も傷つける。

知世子さんに拾われ後藤、ライドベンダー隊隊長の副業としてクスクシエ三人目の店員に。てか普通にウェイター姿が映司より様になってる感じなんですけど(苦笑)。その純粋さゆえの苦悩から、今日をブレまくる後藤の明日はどっちだ?

そして宇梶剛士にお呼ばれした映司、新アイテム・クジャク缶が扇風機代わりを務める中、宇梶の正月休みの旅行土産としてコンドルのコアメダルが進呈…されるも辞退。
アンクのコアメダルが揃えば、瀕死のままアンクに身体を乗っ取られている比奈の兄、泉刑事が用済みになるという恐れは当然として、どうにもアンクが自ら人間態になれる他のグリードとあまりに特徴が違う以上(メズールはコアが1枚のみになっても、アンク同様に身体の一部分だけになって生命維持エネルギーを節約することは出来なかったとか)、どうにも「コアメダルが9枚完全に揃うまで、比奈の兄の身体が必要」という理由付けも用意されてる気もしますが。
そして比奈の元には今回のゲストキャラとして、かつて泉刑事に世話になった小悪党・ヤス登場。ああ、なんだか「スーパー1」のチョロっぽい昭和の子分臭プンプンっぽさがまたたまらんなあ(笑)。番組に陽性な空気をもたらす、愛される要素も持った存在感のキャラだけに、今回ラストのまさかの活躍(?)に愕然としてしまうのですが。

真木とカザリは今回もコンビを組んで悪巧み。そして伊達がバースになったのは、別に真木が後藤の代わりに選んだ訳じゃなくて宇梶剛士の肝いりで選抜されたという設定が何気に公開。つか、真木研究室での伊達の傍若無人ぶり(ププッ)からして、体育会系の伊達と引きこもり系の真木がとことん相容れないってのが判りやすいわ。まあ一番悲惨なのは、鳥のフンが落ちた挙句におでん鍋に投入されるキヨちゃん人形なんですが。
映司の無欲な生き方に疑問を投げかけるカウンターキャラというばかりでなく、ある意味劇中もっとも腹黒なキャラであるはずの真木をギャグキャラに転じさせてしまうという意味でも、伊達が番組に加わった効果がジワジワと現れ始めているなあ。

今回カザリによってヤミーの苗床にされるのは、かつて舎弟だったヤスの裏切りによって泉刑事に逮捕された、二人に恨みを抱く極悪犯。その極悪犯から誕生したヤミーは、カザリの手でメズールの水棲メダルの影響も受けた、まさにゲルショッカー怪人のごとき合成怪人! ライオンとクラゲという、これまた伊達と真木ぐらい相容れないモチーフ同士の合成というのが、番組世界における「今までにない新たな怪人」という主張を成り立たせてますです。
新タイプの怪人に対しコンボチェンジで対応しようとするも、そのために必要なメダルホルダーを奪ったのは…自ら極悪犯からの比奈とアンクのボディガードを買って出ていたはずのヤス! ああ、いい感じのズッコケ系癒しキャラでもあったはずだけに、実は最初からカザリに脅迫されて近付いていましたという真相は、結果的にオーズのコアメダルの大半が奪われてしまうという自体に至って極めてショッキングだなあ。
ええ次回、恩人(?)を裏切ったことに対するこいつの良心の葛藤がドラマの中心になるはず…とは思いつつ、やはり狡賢いキャラ同士としてのアンクとカザリの、タジャドルコンボ誕生を賭けた心理戦中心になるかな?
次回、いよいよ劇場版でも活躍したタジャドルコンボ登場。ファイズアクセルフォームやWファングジョーカーといった中盤強化フォームとして、存分な活躍を期待するところですが。

11012801.jpg
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

白黒つけようぜ
□□□