模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG 第2話

 2010-10-31
だから、単なるガンプラ好きモデラーを「ガンプラビルダー」とかとってつけたようなこっぱずかしい呼び方するのやめろよ。絶対流行んねえから(笑)。
冒頭、のっけから前話の続きで謎の金髪おっさん自称ボリス・シャウアー(日頃の移動手段・馬)駆る、大河原邦男先生デザインのカッチョえぇガンプラ、フォーエバーガンダムにテッテ的にボコられる主人公ハル製作のビギニングガンダム。
しかしプラモ初挑戦の小学生の作ったガンプラ相手に、自分の徹底改造したガンプラ持ち出して「パーツがしっかり組まれてない!」「ゲート跡が残ってる!」「目のシールが歪んでる!」とうわ容赦ねえ(汗)。

それでも全身武装改造、全塗装、ウェザリングまで施されたフォーエバーガンダムの「模型としての出来栄え」に感銘を受け、自らも愛機ビギニングガンダムを部分塗装も加えてしっかり作り直すハル。
耐水ペーパーによるゲート跡の処理から始まり(まあ「ペーパーに添え木して使え」とまでうるさいことはこの際口をつぐんで)、ガンダムマーカーから塗料皿に移した塗料で目の塗装、シール処理の部分もすべて部分塗装し凹モールドにスミ入れ用マーカーでのスミ入れ…。
いわゆるところの「ガンプラ簡単フィニッシュ」のテクが映像化された意義は、今作がガンプラ初心者に向けた「ビギニング(始まりの)G」というタイトルを冠するに当たって大きいです。願わくは、このアニメ見て実際にチビっ子視聴者が、ハル同様にガンプラ作りのステップアップを図ってくれればと、ガンプラブームの時代を生き抜いてきた世代としては本気で願いたいところ。

ブラッシュアップを果たした新生ビギニングガンダム最初の相手は、模型屋の常連の、たぶん「00」だったらアレルヤ大好きであろう兄ちゃん。ああ、プラモシミュレーションが始まったとたんに兄ちゃんにハレルヤさん降臨だ! ハレルヤさん降臨した兄ちゃんの駆る、スーパーカスタムザクF2000の弱点は、流用パーツやポリパテで自作した武装と本体の接着が甘かったこと。だから「武装はいざというとき取り外せるようにしなくちゃいけないんだ」ってストリームベースの小田さんが言ってたやないか!
なんかこのアニメ見て、「ガンプラビルダー=小学生に対して偉そうに威張るダメな大人」って認識が広まってしまいそうだなあ…いや概ね当たっているけど(汗)。ある意味、「いいトシしたな大人が、大人げなく本気になって子供と相対するバカっぷり」ってのは、世代を超えた男同士の相互理解を描くという「ホビーアニメの必須条件」でもあるわけで、このバカっぷりが最終回となる次回にてどこまでハジけるかが見物。

まあガンプラが今時のチビっ子たちにどれだけ敷居の高さ感じさせてるかはよく判りませんけど、BB戦士からでも「ガンプラ作りたい」って子供さんが増えてくれれば、30年来のガンプラ好きおっさんとしても幸い。お前ら、自慢のガンプラが完成したら、おっさんの作ってる旧MSVザク・マインレイヤーと勝負しようぜ! 畜生自分が生きてるうちに、さっさとプラモシミュレーション実現しねえかなあ。

10102706.jpg
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

白黒つけようぜ
□□□