けいおん!! 最終回「卒業式!」

 2010-09-29
唯たちが卒業式当日を迎える話。

卒業式当日の朝、やっぱりマイペース登校のあまり見事に他の三人を巻き込んで遅刻の唯。卒業のその日に至るまで、淡々と続く軽音部3年生四人組の日常。まさか卒業式でまでこの四人に振り回されるさわちゃん先生が不憫すぎて(泣)。
3年生たちがいなくなるということに実感が湧かず、心ここにあらずのあずにゃんのおでこに、現実見ろよとばかり打ちつけられる打ち傷。
卒業式の真っ最中に、唯を不安視するさわちゃん先生の挙動から伝わる、見事に間違って唯に到着の伝言。
まがりなりにも最終回まで番組がいつもどおりの空気を維持したままというのも大したもんですが、その空気をとうとう決壊させる、感極まったあずにゃんの涙――。

本人たちの意思に関係なく、時間の流れが決めていた今日という別れの日。
今日の別れは、明日からの新しい日々のためのステップ。
明日から、新たな軽音部を築き上げるというあずにゃんの決断に先輩たちが最後に贈るのは、自分たち同学年四人だけの軽音部に加わってくれた、あずにゃんへの感謝が込められた、四人の高校生活最後の新曲。

実のところを言えば、唯の高校入学と軽音部の門を叩くところから始まった物語として、最後に唯の心情を吐露させて終わるべき最終回であってほしいとも思っていたのですが、なんだかな、去り行く者でなく残っていくあずにゃんが最終回の軸になってしまう展開をして、二期中盤以降は完全にあずにゃんの物語になってしまったのだなあとしみじみ。さすがに、万が一唯たちの卒業後あずにゃんを主役とした新生軽音部を描く三期が作られることになったりした時のための下準備…というのは穿ちすぎながら、

むしろあずにゃんの物語に完結感が滲んで、先輩ども四人の物語はまだまだ続く…って印象がやたら残ってしまった最終回でもあります。
まさかと思うけど、決定してしまった劇場版の都合って訳でもあるまいに。

原作もアニメもほぼ併せて終了というタイミングで明かされた映画化決定の報で、まだまだ作品への期待感はあと1年は持続しそうな雰囲気ではありますが、一応ながらも劇場版は、きっちり「フィナーレ」となる物語になってくれることを今から期待。いえこのアニメに対する自分の期待が叶ったことはあんまりないですけど(苦笑)。
残るは番外編二編。

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

白黒つけようぜ
□□□