ウルトラマンギンガ 最終回「きみの未来」

 2013-12-20
ギンガ=広大な広がりを意味する名前と、ゼロ=無からの始まりを意味する名前。惑星も、次元も飛び越え宇宙規模で戦うウルトラマンゼロに対して最後まで降星町という限定された場所で戦い続けたギンガ。
前任ウルトラマン(限りなく現役っぽいけどw)であるゼロと、性格やキャラクターに至るまで何かと正反対のキャラクターとして生まれたギンガというか。
ぶっちゃけゼロの活躍の場は宇宙なのは、予算を抑えるセット撮影中心にするためでもあるんだけれど、今テレビシリーズで、地に足の着いた舞台でウルトラを製作するにあたっての限界を露呈してしまったのがその後に続くギンガだったというのもなんとも皮肉。

予算が限られた中での、廃校となった小学校という限定された舞台。だけど学校という箱に宿るのはそこに通っていた多くの子供たちの思い出。
ギンガに倒されたことで憑物が落ち、新たに自分たちの子供時代の夢を追いかけ始めたかつてダークライブしていた卒業生たち。
しかし彼らから吸収した闇の力にて復活を果たす絶望のメタファー・ダークルギエル。
タロウすら絶望しかける破滅の時と、だけど、そのタロウに、そしてヒカルに希望を与える…卒業生たちが歌う母校たる小学校の校歌。

舞台が小学校だったことに意味を与える、かつての卒業生たちが夢見た未来と希望を受け、復活を果たすタロウ。
そこからタロウ主題歌がバックら流れるというのも含めて、ホント、映画ウルトラマン物語にメビウスでの登場と、タロウって数年置きに要所でファンを沸かせてくれるウルトラマンだわなあ。

本来脇役であるはずのタロウのほうがむしろメインキャラとして目立つというか、視聴者に対してまでも感情移入を拒絶していたかのギンガ、その正体は未来から来たウルトラマン。
今回、実はギンガ再起よりもタロウ復活のほうが自分的に盛り上がったというのもあって…かえすがえすも、ミステリアスさを強調したあまりとっつきにくさが前面に出ていたウルトラマンになっていたのは惜しいなあ。
ダークルギエルとの月面最終決戦、最後の最後で画的にも盛り上がり的にも頑張っていたというのもあって、全11話を振り返っての「物語の弱さ」がどうしても惜しく感じるんですよ。
あと、基本他のウルトラマンの登場回でも、基本共闘はあくまでジャンナインとだけだったというのも割と謎演出。ええジャンナインのキャラクターを認知させるための番組でもあったと思えば致し方ないとも思いますが。

視聴者の期待と、台所事情の板ばさみに苦しみ続けたウルトラマン。ギンガに対して最後までそういう感想が拭えなかったのは残念だなあ。

闇の消滅とともに、スパークドールから解放され降星町から再び宇宙へと還っていくウルトラマンたちや多くの怪獣。
そして、最後に、ヒカルとの再会を約束し、もっと冒険を続けてほしいという願いを託すギンガ。
冒険が培い、目の当たりにするものは、未知に飛び込める自分自身の可能性と新たな未来なのだ。少年の手の中にあり、少年の冒険とともにその成長を見守る。それこそが「未来」を象徴するウルトラマン――ウルトラマンギンガ。
ギンガに担わされたテーマが最後に明かされたことで、その終了を惜しむとともに、また新たなギンガの物語がいつか生み出されることを願ってやみません。
「継続は力」にて生み出されたであろうギンガの物語自体が、円谷の未来を繋ぎとめてくれる希望とともに。

そして来年春の劇場版、おらが地元に縁深い怪獣としてモチロン復活バンザイ! 今度こそ、地元のTジョイでも上映かかってくれんかなあ…。

13081002.jpg

13081003.jpg


ウルトラ怪獣500 ダークルギエルウルトラ怪獣500 ダークルギエル
(2013/11/30)
バンダイ

商品詳細を見る


ウルトラ怪獣500 モチロンウルトラ怪獣500 モチロン
(2013/08/03)
バンダイ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

ウルトラマンギンガ 第10話「闇と光」

 2013-12-14
アカン、美鈴が絶望のあまりファントムを生み出しそうな勢いに。ヒカル、美鈴のアンダーワールドに飛び込め! 記憶のルーツ潜り込んで、希望救い出そう(Show time!)

何の前触れもありがたみもなく、最強怪獣スーパーグランドキング唐突に登場に、その内部に絶望した美鈴が囚われての最大の危機。美鈴の内面世界に飛び込んだヒカルによる救出、スーパーグランドキングに対抗すべくウルトラ兄弟登場(健太たちによるライブ)! 津川雅彦によって対に暴かれる闇の支配者の正体…。
いよいよラス1話前ということで怒涛のクライマックス展開ではあるんだけど、なんつーか盛り上がらないのは、グランドキングの存在のありがたみのなさもそだけど、最強怪獣とかウルトラ兄弟とか津川雅彦による憑物落しとか、番組を派手に盛り上げる要素がでかくなるほど、世界観のスケールの小ささがクローズアップされてしまうという悪循環でもあるんだよなあ…。今回明かされた闇の支配者の正体からして、第2部以降は、ハルヒで言えば「支配者にさせられていた人物の閉鎖空間」で展開してるような話だよ。

美鈴の内面世界での、ヒカルと美鈴の互いの本音をぶつけ合っての和解とか、うーん、低予算でウルトラを製作するに当たって、古くからのジュヴナイルSFや近年のラノベからのインスパイアは仕方ないと思うんだけど、それが「怪獣が暴れ回る世界観」と合致してたかどうかの疑問がギンガにはどうしても付きまとうんだよなあ。
次回の最終回で、それらがきちんと氷解するのかが見ものといえば見ものだけど。

ヒカルによって救い出される美鈴と、仮にもウルトラ兄弟にそしてジャンナインをも倒したスーパーグランドキングに対するギンガの逆襲(それこそ、ウルトラ多重合体など「ウルトラ兄弟の、力を合わせて」という決着演出がほしかったところ)。次回、いよいよ最終決戦。
ぶっちゃけタロウの復活は、因縁の相手であるグランドキング復活に併せてほしかったよなあ…。


ウルトラ怪獣DX スーパーグランドキング(SD)ウルトラ怪獣DX スーパーグランドキング(SD)
(2013/11/16)
バンダイ

商品詳細を見る

ウルトラマンギンガ 第9話「漆黒のウルトラ兄弟」

 2013-12-07
激ファイト! ギンガ対ウルトラセブンダーク(&ウルトラマンダーク)。
なんだ、美鈴の父ちゃんのほうが野村宏伸だったのか。ずっと教師びんびん物語とかのイメージあったから、本気で若いサラリーマン役のほうだと思い込んでたわ(すんまそん)。
いったい野村宏伸に何が起こったのかは知らないけど、闇に操られ、ウルトラマンダークそしてウルトラセブンダークとダークライブしギンガを苦しめ、ついにはヒカルをダウンさせてしまう野村宏伸。
この危機に際し、ヒカルの爺ちゃん津川雅彦、美鈴たちに三人でライブして戦えと宇宙三面魔像ジャシュラインのスパークドールを手渡す…! 一度はメビウスを黄金像にしてしまった強力怪獣を持ってたりタロウと差し向かって茶ァ勧めたり校長先生に闇の者の正体が判ったことを告げたり、割といったい津川雅彦が何者なんだよ状態w この番組、子供たちがメインでありつつ、役割として無駄な大人キャラが存在しないというのも何気に凄いな。いえ大人キャラの出演が搾られる制約がある故でもあるんですが(汗)。

案の定ジコチュー化もといアントラー化してしまう川上麻衣子。アントラーの磁力光線でガッキーとホモホモギャグを演じ役に立たない友也に代わり立ち向かうジャシュラインながら、中の人三人の息がバラバラでこれまた役に立ってねえw
こいつらの身体を張ったギャグの数々は、ヒカルが目を覚ますまでの時間を稼ぐためにあったというか、美鈴が悲しむ行為を続ける野村宏伸を止めるためにギンガとなるヒカル。
ウルトラマンダークそしてセブンダークが偽物である証は、動きが格闘技系に洗練されすぎてることw 初代マンもセブンも、もっと命懸けで身体を張って怪獣に立ち向かったんだよ。
そんな見せ掛けの技に頼った偽物のウルトラマンなどに、銀河の覇者は決して負けない。誰よりも美鈴のために、野村宏伸の目を覚まさせるべくダークセブンを倒すギンガながら、自分の父親がヒカルを傷つけていた真実を目の当たりにし、衝撃を受ける美鈴。

今回、ヒカルの決起する理由が「美鈴を悲しませないため」というのがあっての皮肉な結末というか、そもそも美鈴の父親が闇に囚われた理由がよく判らないというのもなあ…。この親子が疎遠気味になってたという描写も特にないし、学校に閉じ込められている間でも、つい互いを避けてしまう親子という描き方だって出来たのに。
ガルベロスになってたガッキーの友達のボクサーもそうなんだけど、こういう一歩踏み込んだ描き込みが弱いというか、ギンガって、予算がないのを頑張っているようで、肝心なところが足りてないってイメージがどうもある。
次回、ついに最強怪獣スーパーグランドキング出現とVSウルトラ兄弟。厳密な意味で、初めてギンガのオリジナル怪獣がやっと登場するか。
グランドキングと聞いて、タロウには絶対黙っててほしくないなあ(wktk)。


ウルトラ怪獣500 アントラーウルトラ怪獣500 アントラー
(2013/08/03)
バンダイ

商品詳細を見る


ウルトラ怪獣500 ジャシュラインウルトラ怪獣500 ジャシュライン
(2013/08/03)
バンダイ

商品詳細を見る

ウルトラマンギンガ 第8話「奪われたギンガスパーク」

 2013-11-29
なんだ、川上麻衣子と野村宏伸って特にレギュラーメンバーたちの親とかじゃなくて、怪獣にダークライブする要員だったのか。二人とも存分に今までダークライブしてきた小悪党たちに並ぶ小物キャラというか、むしろ挫折を突かれてガルベロスになってた元ボクサーが、挫折から立ち上がってナックル星人を殴り飛ばしたりと男上げてた件。

美鈴の父親を始め、まがりなりにも準レギュラーの大人たちが増えたのは、ヒカルに感化されて夢を取り戻し始めたメンバーたち(ヒカルたちを仲間と認めている友也の変化が顕著というか、いいキャラになってくれたなあ)との対比であると共に、新たに現実と理想のギャップを突きつける役どころではあるんだろうけど、尺の短さがそのドラマ面をどうしても狭めている…。
今回のボクサーの再起まで、友達である警官ガッキーの説得とか、そういうシーンがあるだけでも唐突感は薄れるのにねえ。

何者かの手によって時限のハザマに閉じ込められた学校からひとりだけ脱出すべく、ナックル星人と取引してギンガスパークを盗み出したりザラガスにダークライブしたりとやけにハッスルした活躍を見せる野村宏伸(笑)。
ギンガスパークを失いつつも、ザラガスを学校から引き離すべく駆け出すヒカルと、そのヒカルのために美鈴が真っ先に取った行動が神頼みって…。てかその美鈴のところに、真っ先にギンガスパークのコピー?という便利なアイテムが現れたりするあたり神様パネぇ。
美鈴、コピーギンガスパークで真っ先にライブする怪獣にレッドキングを選ぶというか、どのシリーズ作品に出ても美味しい怪獣だよなあレッドキングw 今後また何十年も先もウルトラの映像を見続ける時代自体の人々にとって、愛される怪獣であり続けてほしいですよ。
とりあえずザラガスの新変身はいらんかったw

美鈴のレッドキングとの協力によりザラガスは倒したものの、次に現れるのは…ダークに彩られた初代ウルトラマン!
いやあ、別に黒いウルトラマンという存在がこれまでも画面に登場しなかった訳じゃないけど、こと絶対的なヒーローのアイコンとしての初代ウルトラマンがダークに染まった姿というのは、簡単に思いつく発想としても実際に目の当たりにするとなんともショッキングな。
ラスト数話、登場人物たちの夢の行方も含めてどう決着が付くことか。


ウルトラ怪獣500 レッドキングウルトラ怪獣500 レッドキング
(2013/08/03)
バンダイ

商品詳細を見る

ウルトラマンギンガ 第7話「閉ざされた世界」

 2013-11-22
ストーリー再開。前半が実質総集編として、怒涛の急転を見せる物語。
物語のメイン舞台である降星小学校が外界から隔絶されてしまうというのは、いよいよ物語の集約が成されるというか、悪く言ってしまえば物語の世界観の狭さ(予算のなさ)を強調してしまうことにもなりかねないんだけれど…これを「予算のなさを逆手に取った作劇」という評価に結び付けられるかどうかは今後の展開次第。
野村宏伸や川上麻衣子といった大人たちが物語に絡んでくるのは、物語前半で提示された「子供たちの冒険譚」という物語のスタイルにどんな一石を投じてくることか。

あと、むしろ「予算のなさを逆手にとって」というのは今回のVSガルベロス戦というか、観客にスパークドール(ソフビ怪獣)を置いて、タロウがノリノリでマイクを握ってのリング戦(笑)。
まあ、番組に楽しい彩りをという意図ではあるんだろうけど、これを予算面的な番組のヤバさと捉えず、ウルトラマンが改めて子供に受け入れてもらえるための試行錯誤と前向きに思いたいもんです。
少なくとも、今回限りの演出としたら、突然の変化球に意表を突かれてついつい楽しんでしまいましたがw

あと、レギュラーたちが学校から出ようとしても出れないのギャグ描写は、それこそ無限へのパスポート並みのシュール演出を見てみたかったところ。
新たな闇のエージェントとしてのナックル星人、何故にオネェキャラ? それこそヒカルのブラックキングとの絡みも見てみたいところですが。
次回、自分の大好きなレッドキング活躍編ということでやたら期待。


ウルトラ怪獣500 ダークガルベロス (SD)ウルトラ怪獣500 ダークガルベロス (SD)
(2013/09/07)
バンダイ

商品詳細を見る

ウルトラマンギンガ 第6話「夢を懸けた戦い」

 2013-08-17
13081701.jpg

何でもこなせるが故に夢を持たない友也と、その智也からすれば叶わぬ夢を見ている愚か者でもあるヒカルたち。
友也の父親が息子を後継者にしたくはないと突き放したのは、夢がない=現状維持は出来ても物事を広げることは出来ないと見越してのことなんだよな。
ここでまさかの、友也にシンパシーを抱き、説得役を買って出るタロウというか…少年期のタロウとウルトラの父の相反まで踏み込んでくるとは! 映画「ウルトラマン物語」とシンクロした展開としての、少年期タロウの声が野沢雅子さんじゃないのが(あとウルトラの母の声が池田昌子さんじゃないのも)惜しいというか、嗚呼、メビウス以降の出世して大人びた雰囲気でありつつ、いつの時代でも「少年と共にある」ことが似合うウルトラマンだよなあ。

自身の父親との確執から「夢」そのものを憎んでいた友也に対し、「ウルトラマンギンガを倒すことをお前の夢にしろ」とけしかけるヒカル。価値観が異なる番長と委員長の対決は、殴り合いの喧嘩だって決まってる。
ギンガとジャンキラーの、文字通りの喧嘩勝負と、喧嘩に敗れたことで初めて、自分が簡単に叶わないこともあることを知る友也。

「夢」は簡単には叶わないもの。だからこそ「夢見る」ことは楽しく、「夢をかなえた」達成感は何よりも尊い。
友也の父親も、少年期タロウに対するウルトラの父も、息子に願っていたのはきっとそういうこと。

ジャンキラーとの決闘でカラータイマー点滅の危機に晒されたギンガに、漁夫の利を狙って強襲を仕掛けるティガダーク。自分以外の相手にギンガは倒させないと、ジャンキラー→覚醒したジャンナインと共に立ち上がる友也が何たるツンデレというか(笑)、まあ藤宮よりは判りやすい味方化ですけど。
前半6話は、まさに友也まで含めたヒカルの仲間たちの紹介編だったというか、物語の謎が一切明かされないまま後半は秋からか…待たされるなあ。
今回、初めて自らの意思をヒカルに語りかけるギンガ。ギンガの声の杉田智和が、なお正体不明の闇の声役でもあるというのは、またイロイロ光と闇の両者に対する妄想が働くところ。そんな謎が解ける日に思いを馳せるのも楽しく、ヒカルたちの夢を懸けた冒険の夏はまだ終わらない。


ウルトラマンギンガ ウルトラチェンジシリーズ ジャンナインウルトラマンギンガ ウルトラチェンジシリーズ ジャンナイン
(2013/07/20)
バンダイ

商品詳細を見る

ウルトラマンギンガ 第5話「夢を憎むもの」

 2013-08-16
全11話を前半、後半に分割放送として、その構成ゆえに前半でメインキャラたちの物語を描いておかなきゃいけないんだけど、副主人公格の友也を描くために健太が犠牲になった感強いなあ。
唯一ヒカルがギンガであることを知らない身として、仲間たちから疎外感を味わい、それを付け込まれての闇落ち。
正直、ヒカルの友人でありながらいまいち影が薄い健太として、ここは素直にドラゴリーにダークライブさせ、ギンガになったヒカルとのガチ喧嘩をさせる→ガチ喧嘩を経て、疎外されたわだかまりも、夢を捨てかけた諦観もすべてサッパリ洗い流して、改めて笑顔でヒカルの友達に戻る健太→自分の目論見を潰された友也、憎しみも、嫉妬も入り混じった感情のままジャンキラーで襲い掛かる…の流れで良かった気もするんだよな。

智也の物語に比重を置きすぎつつ、結局友也がどんなバックボーンを持ってヒカルたちに――彼等の象徴である「夢」を憎むのか? そういう謎は、1期最終回で全部開放するかな? って次回の話ですけど(汗)。

タロウ同様スパークドールズに変えられてしまったウルトラマンたち。ティガ、闇の手の持ち主自らにダークライブされ、その身を黒く染めてしまったティガダークとして光臨する。
ある意味、これほど闇落ちの似合うウルトラマンもいないというか(苦笑)、劇場版で既にティガ登場が予告されている以上、いかな戦いが展開するかを素直に楽しみたいもんですが。
次回、とうとう1期最終回。早いなあ…。


ウルトラ怪獣500 ドラゴリーウルトラ怪獣500 ドラゴリー
(2013/08/03)
バンダイ

商品詳細を見る

ウルトラマンギンガ 第4話「アイドルはラゴン」

 2013-08-11
やっぱり夢に向かって傷つくという陰鬱なテーマ(苦笑)ながら、親友のはずの美鈴に思わぬ形で自身の夢を踏みにじられた形の千草と、その千草を煽る友也が実はダークライブ(怪獣化)を促すバルキー星人より悪辣という。
千草のダークライブした、嫉妬や挫折の感情が入り混じった姿としてのラゴン、なんかいちいちリアクション可愛くてw

夢の守り手として、千草を救うヒカル/ギンガと、ジャンキラーを操りついにそのギンガに直接攻撃を仕掛けてくる友也。
現状、友也の目的が一切不明というのもあるけど、このジャンキラーが本当にジャンナインだとしたら、単純に思考を停止させられ智也にボディを利用されているのかやっぱりダークライブで意思が歪められてしまっているのか。
背のキャタピラの寝そべり走行といい、飛行メカモチーフのジャンボットと対照的に陸戦兵器モチーフのキャラクターというのが、ほぼ初めて演出されたんだわなあ…変形すると謎の飛行メカだけどw

懐事情的都合で、毎回巨大戦セットがメタフィールド並みになることは覚悟していたものの、今回の校舎のミニチュアとか野原に突っ立ってる看板とか、些少なりとも巨大戦に臨場感を出そうという努力になんか感動した。
でも、そうした努力を例によってスパドル劇場の締めで全部持ってくタロウさんやっぱズルいわw

ウルトラマンギンガ 第3話「双頭の火炎獣」

 2013-08-02
13071203.jpg

ウルトラマンの存在しない世界で出会った少年とウルトラマン。星空瞬く夜、地球と光の国の物語をヒカルに語るタロウって画が、昭和生まれのウルトラ厨視聴者としてもなんともロマンティック。
ウルトラって、現在のスタッフ自身がかつて感銘を受けた、シリーズの大切な部分をまた新たなシリーズに丁寧に引き継ぎ続けているという感じが凄くいい。

ヒカルの友人のひとり、健太話。
全11話という大枠が決まっている以上、第3話の時点ならサブキャラを掘り下げる話よりは軽い紹介エピソードに留めておけばいいんじゃないかとも思う所ながら、てか同じくヒカルたちの母校のOBでありつつ、夢に挫折し、後輩たちの夢までも踏みにじろうとする女が今回の敵というのも…普通に第3話時点で重い気がするんですけど(汗)。

まあ前回の美鈴話からして、「夢に向かっている真っ最中」のヒカルと、「夢から挫けかけている」友人たちという対比になっていて…。これでシリーズのテーマは見えてきた感じ。
キングパンドンに魂を売り渡し、かつての自身の夢の象徴だった校舎を焼き尽くそうとする女。再び夢を取り戻しかけた健太をあざ笑ったことを、何よりも許せないヒカル。
ギンガによってキングパンドンは倒され、怪獣の呪縛から解き放たれ跪いて泣くしかない女ながらも、なお挫けてしまった健太の夢は救えないまま。
今回の後味の悪さは、今度こそヒカルと健太のわだかまりのない和解と夢への再起に繋がる展開のため、と期待したいなあ。

急転直下の物語として、友也に――その友也の操るジャンキラー(!)に囚われの身となってしまうタロウ。
ドラマパートの今後の展開と共に、より派手に盛り上がりそうなバトルパートもまた楽しみ。


ウルトラ怪獣500 10 キングパンドンウルトラ怪獣500 10 キングパンドン
(2013/06/29)
バンダイ

商品詳細を見る

ウルトラマンギンガ 第2話「夏の夜の夢」

 2013-07-19
なんだろう、モテね男の涙の追跡暴走ケムール人にやけに感情移入して仕方ないぞ(笑)。
ウルトラゾーンからのインスパイアを挙げる声が多いみたいだけど、地方民だからウルトラゾーン見てないので、むしろチビっ子視聴者が楽しんで見られるという路線は大歓迎なんだが。

番組の新たなキーパーソン・友也との出会いとモテね追跡魔によって掘り返されるヒロイン・美鈴のトラウマ。
物語の構造がグリッドマンっぽい分友也のキャラはついつい武史(元祖コミュ障)を連想するところながら、武史というよりは藤宮(こいつもコミュ障っつったらコミュ障)っぽい立ち居地になるかなあ?
ヒカルと二人だけの秘密(タロウハブく/泣)を共有し、浮かれていたところを掘り返される美鈴の過去のトラウマ。そんな彼女の葛藤を知らずとも、友達のピンチとなれば駆けつける。ヒカルが明朗快活なヒーローというあたりの描き方は爽快ではあるんだけれど、こと今回ケムール人に感情移入してしまう分、二人の既に公認カップル状態がなんか見てて壁ドン物だぞ(泣)。ええい壁はどこだ壁は!

ギンガが必殺技を使用する際、身体のクリアー部分が技の属性に合わせた色に変化するというのはホントにリュウケンドーっぽいんだよなあ。アレも平成ウルトラとは切っても切れない番組だったとして(スタッフ的に)、やはり作品カラーの明朗さに神道ネタまでダブって見えるという(苦笑)。
あらゆる意味で、夏休みのチビっ子視聴者へのプレゼント…という要素が強く思えるんだよなあギンガ。怪獣ソフビの低価格リニューアルと併せて、子供がウルトラに夢中になるきっかけとなってくれる番組になってくれるのを願いたいところ。地方のチビっ子、毎週金曜の6時からつべで配信してるぞ! パパのパソコンかスマホから応援しよう!
アームズマイクロン劇場ならぬスパークドールズ劇場、なにげにタロウの締め担当っぷりまで楽しみになってきた(笑)。


ウルトラ怪獣500 09 ケムール人ウルトラ怪獣500 09 ケムール人
(2013/06/29)
バンダイ

商品詳細を見る

ウルトラマンギンガ 第1話「星の降る町」

 2013-07-12
13071201.jpg

防衛組織が登場しない。ソフビ人形をレンジャーキー(汗)とするウルトライブの設定。あんまり大都市セットの必要がない郊外の町という舞台など、斬新でもある設定の裏に見え隠れする円谷の台所事情(苦笑)。
それでも、現状の苦境に関わらずまがりなりにも新シリーズを、テレビにてという大英断は本当に喝采。主人公たちが高校生というのは、防衛組織が存在しない世界ということでもうちょっと下げてもよかった気がするんだよな。それこそ未来を夢見る連中の、夏休みの冒険譚というスタイル的に考えるとな。まあ総じて好感度良さそうなレギュラー陣ばかりなので(津川雅彦とバルキー星人含む/笑)、シリーズが進むにつれ「この連中だからこそのギンガ」って思えるようになるのかも。

タロウが番組ホスト役というのは、それこそ視聴者のチビっ子ばかりでなく親世代の認知度のおかげなんだろうけど、石丸博也氏の声が番組の世界観に違和感ないなあ。つか人形状態での扱いがぞんざい過ぎ泣ける(泣)。
第1話の敵怪獣が、平成デザインらしい見る者の感情移入を拒むかの"塊”であるダランビアに対し、主人公ヒカルが初めてウルトライブするのが昭和怪獣としてのどこか人懐っこさも感じるブラックキングというのはいいバランス。

そして、ついにその姿を見せる、タロウすら存在を知らない新たなるウルトラマン――ギンガの鮮烈なる誕生!
テレビでの放送がテレ東枠、地方在住者は動画配信頼りという些か無念さも残るスタートではあるけれど、どんな形であれシリーズを続けていくことが、また新たなステップに繋がってきたのも円谷の歴史。
本格的なネット時代のウルトラマンとして、動画配信を通してでも、ギンガの勇姿にチビっ子が沸きたつことを願ってやみません。


ウルトラヒーロー500 11 ウルトラマンギンガウルトラヒーロー500 11 ウルトラマンギンガ
(2013/06/29)
バンダイ

商品詳細を見る
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

白黒つけようぜ
□□□