非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 第12痛「妄想使徒」

 2013-06-22
モヤモヤズキューンの出自とかツー将軍の教え子であるルナのライバルとかそういった伏線は案の定というか全力でどうでもいいことになってのシーズン痛最後の戦い。
今回に至って判った。この番組の最大の目的は葉加瀬役内田真礼を潰すことにあったんだよ(ナ、ナンダッテー)www

鉄板勝利フラグが死亡フラグに、逆に死亡フラグが勝利フラグになるという逆フラグ世界にてマルシーナ様に苦戦するアキバレンジャー。まるでZ最終回のグレートやギャバン最終回のシャリバンのごとく、ラストバトルに突然新ヒーローが現れるというパターンを踏襲してアキバレンジャーの前に現れるニチアサ7時半の新番組のヒーロープリズムAのおかげでラストバトル大勝利。
前番組→新番組への続投キャラとして、実写にて萌え妹キャラと化してしまった葉加瀬もドン引きするほど痛い(www)が、こいつが公認様の放映枠に取って代わる理由が、八手三郎がハニートラップに引っかかって戦隊シリーズの放映権を取られたからというのがまた痛いw
最後の戦いに至って、物語がメタフィクションの様相を呈してくるのは前期同様だったけど、シーズン痛でも再び八手三郎を登場させるにあたって、視聴者の期待感wを煽る意味でも工夫はされていたなと。

もはや番組の存亡を賭けた戦いとして、マルシーナ様そしてツー将軍に乗り移った八手三郎(!)とも敵味方なく協力し「VSシリーズ」で決着をつけようとするアキバレンジャー。この戦いの嫌な生々しさに、前回での戦隊の結束と友情を高らかに讃えた感動はもはやないw
古谷徹声の巨大ヒーローとの対決にあたり、切り札となるのがまさかのウーザフォン。1+0+7+ENTERの操作で詠唱される「ドーザ・ウル・ウガロ」の呪文で超アキバレッド、巨大化だwww ああ、ウイングマンの最終回もヒーロー巨大化ネタだったよなあwww
日本の伝統芸能に則った左←右の法則も存分に酷く、なんかこいつ別に悪いことした訳でもないのに超アキバレッドの前に敗れるプリズムA。
そして、最後の最後までネタに走ることは決してやめないアキバレンジャーとして、大宇宙艦隊との決戦とか思いっきり死亡最終回フラグを立てまくる葉加瀬とかwww
もう自分も感想書いてるんじゃなくて、番組のツっ込みどころに草生やしてるだけだよwww もうこの番組のまともな感想書くの不可能すぎるだろうwww

次回最終回が、やはり前期に倣っての総集編ということでドラマ部分は実質今回で終了。前期での、無駄に往年の戦隊ファンを煽りまくった内容がパワーアップしていたとは言いがたかったものの(むしろ前期の成功のおかげで「良くも悪くも内容が安定してた」という出来だったし)、前期同様往年の戦隊ファンに向けた、セルフパロディーと往年戦隊への愛情、今年も存分に楽しませていただきましたです。
前期と違って今期は全話を荒川稔久センセが脚本書いてたというのもあって、ホント趣味に走ってたなあとw 果たしてシーズン参はあるのか、それは戦隊フィギュアーツを売りたいバンダイの意向にかかってるw
今回のEDは、戦隊メンバーダンスの嚆矢でもあった劇場版マスクマンOPを飾った「ショットボンバー全力集中」。実は、どうせならアキバレキャラによるダンスで最終回EDを締めてほしいと願ってみたり。
スポンサーサイト

非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 第11痛「妄想墓地」

 2013-06-15
あの日から 運命(すべて)は伏線(つなが)っていた…
暴かれる物語の実態。ここでまさかの1期の強制終了最痛回と繋がる物語w すべてはマルシーナ様による復讐劇だったという番組の真相と、その復讐の完遂とばかり、マルシーナ様が主役だったことに塗り替えられてしまう全37戦隊の歴史。
なお公認様の歴史を守ろうとするアキバレンジャーながら、1期において八手三郎に「公認戦隊にとっての忌むべき存在」とされていたアキバレンジャーに、もはやマルシーナ様を止める手立てはない。

シーズン痛すべての黒幕がまさかのマルシーナ様でしたというか、いや入院中の八手三郎の元にいた看護師さんもマルシーナ様ご本人でしたという、今回もまさかのサプライズw
つか、マルシーナ様がテレビの前の痛い大きなお友達に向かって八手三郎disりだすのは、荒川稔久センセの本音と聞いていいんだな? ゲキレンジャーとゴセイジャーの許せない部分は、八手ならぬ横手美智子のせいだと思ってましたがwww

今回、元々売名目的でアキバレンジャーに席を置いていたため、その用が成さなくなってしまったために戦列を離れるルナと、公認戦隊がdisられマルシーナ様の存在が持て囃される世界の現実を前に、もはや闘志も戦う理由も完全に失ってしまう信夫。
今回、真っ先に戦列を離れたルナが、信夫たちとの友情を起点に再起するという流れは素直に見ている分には感動的なんだけれど、何せ1期でも信夫の正体バレという感動シチュエーションを台無しにしていたアキバレンジャーだけに、素直に感動できないというか(苦笑)。
たとえ夢を失おうとも、再び立ち上がることを促すのは、無くしたはずの夢への情熱。信夫抜きで、なお強敵デリューナイトに挑むルナと優子さん。そして、妄想の戦場に帰ってくる非公認の赤き戦士――!

もはや番組も最終回手前、お正月商戦も過ぎてあとは最終回まで制作費抑えた消化試合的展開になる公認様同様(笑)、公認様ゲストも豪華声優の助けも受けられないアキバレンジャーのまさかの逆転の一手ひどすぎwww
デリューナイト、ここでまさかの退場なれど、予定調和的にマルシーナ様がそのままラスボス化…という訳でもなさそうな、葉加瀬の首の痣の最後の秘密。
妄想世界、(アキバレンジャーたちにとっての)現実世界、そしてその両方の世界を包括していた八手三郎の世界という三つの世界を揺るがす物語。
マルシーナ様にとっても、世界を存続させるためには維持しなければならない八手三郎の命。番組の存続が八手三郎の胸三寸というのは結局1期から変わらないのね(汗)。やはり最終的なエクス・デウス・マキナはまたもや八手三郎に委ねられるというか…いよいよ次回、シーズン痛クライマックスに至って、番組に対する八手三郎の決断や如何に?

非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 第10痛「妄想枕語」

 2013-06-08
今期はこのまま姿を見せないで終わるのかと思ってた以前に、もはやすっかり存在を忘れきってた八手三郎、実は前々から出ていた謎の入院患者こそが八手三郎でしたというまさかの展開www
マルシーナ様やメレ様クリソツの看護士さんに世話見てもらってて案外これはこれで羨ましい入院生活というか、やっぱり入院中の八手三郎の妄想世界の出来事こそアキバレンジャーの世界…ってオチがつくのかなあ?

そのアキバレンジャー世界、妄想空間から出られなくなってしまったツー将軍、現実ではひみつきちの今週のお客さま桃井はるこさんもビックリの謎の置物にw てか妄想の中では洗脳したマルシーナ様をベッドに侍らせ、歴代戦隊の悪の組織の歴史をベッドトークしながらアッハーン♪ クソっ、なんて痛うらやましいんだ! 
歴代悪の組織の知識から、最もアキバレンジャーを苦しめる強敵としてステマ乙のアルパカ係長を作り上げるツー将軍。いや、ある意味ステマ乙の最強怪人でもあるアルパカ係長、秋葉原の街中にて草尾毅の姿の人間態(笑)からアキバレンジャーの前に姿を現す! なんつーか、アルパカ係長ももはや立派な番組のサブレギュラーというか、この姿が画面に現れるとなんか安心するわw

アルパカ係長、すっかり井上敏樹脚本の怪人みたいな最強厨と化してアキバレンジャーを痛めつける。そして勝利を確信したツー将軍、まさかの「実は洗脳されてたフリしてただけ」のマルシーナ様からの下克上を受け、憧れのカー将軍同様の末路を…!
ツー将軍の残った戦隊に対する記憶を奪い取ってからポイのあたりでも存分に衝撃だったけれど、ツー将軍も…断末魔の絶叫で「夢戦士の夢」云々は、あんたが絶対言ったらあかんやろwww
新次元頭脳改造地下真帝国バロスw、下克上により内部崩壊。新生ステマ乙の一員として心置きなくアキバレンジャーに襲いかかるアルパカ係長、1期登場含むこれまでの公認様の大それた力6隊合体による新兵器大それてるキャノンバズーカの一撃に散る! しかしそれすらもマルシーナ様の仕掛けた完璧なる罠…。アルパカ係長の消滅が地獄門を開き、マルシーナ様の下僕として再生するデリューナイト! それだったら最初からツー将軍をだまくらかしてデリューナイト作らせればよかったじゃんと思うがその回りくどさもまあええわ!

現実に戻ったツー将軍、戦隊に対する記憶も情熱もすべて失い、真人間の歯科技工士たる後沢さんに。なんだひとりの痛いヲタがれっきとした社会人として更正したんだからめでたしめでたしじゃないかと思いつつ、ツー将軍改め後沢さんの戦隊に対する情熱が奪われたのが現実世界に反映したのか、スーパー戦隊の存在が現実から消えるという大惨事に…!
ああ、夢戦士(アニメ)じゃないほうの原作漫画版にもいたねえ…ヒーローの夢を怪人が食ってしまったため、変身どころかヒーローに対する情熱まで失ってしまうという展開。何気に、次は後沢さんに戦隊に対する情熱を取り戻させる(痛いヲタに再度堕落させる)ためにアキバレンジャーが奮闘する話になるかなあ。いよいよ最終回も間近ということで、後沢さん――ツー将軍にヲタの情熱を叫ばせるのがクライマックスになったりするんだろうか。
今回のEDはそのツー将軍によるメガレンジャーED。元より名曲だけど、さすが美少年役も努めた声優だけあって普通に聞き惚れるほど上手いわ。ED集CDの発売がまた楽しみになってきました。

非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 第9痛「妄想弐號」

 2013-06-01
ついにツー将軍の牙城に乗り込むアキバレンジャー、直接対決と待ち受けていた罠。ツー将軍こと歯科技工士後沢次男さんの作業場こそがツー将軍のアジトと知ったアキバレンジャー、ついにカチコミ仕掛けるも、引きずり込まれるはツー将軍の妄想世界。
ツー将軍執筆シナリオによる季節ごとの戦隊イベント展開追い詰め戦法、ルナと優子さんの水着が誰が得をするかの誰得以前に微妙に誰も得しないスタイルというか、あとウェディングドレスに、ひょっとして今回ヒロイン七変化回の要素もちょっと働いてるんだろうか?

さらに、まさかの出渕デザインの雰囲気完全再現(まさかまさか、本人デザインとか…ないよね?)の新生メカジャイガン・シーラカンスカンスに、ツー将軍に洗脳され忠実なる尖兵と化したマルシーナ様の猛攻。頼みの綱のイタッシャーロボ、久々の巨大戦ということでCGワークでの奮闘も出渕デザイン(の雰囲気完全再現)のシーラカンスカンスに貫禄負けで大破。更に公認様の大それた力まで反転され、悪の大それた力、ロン・ヤイバ・バンキュリアという大幹部怪人と化して襲いかかる…普通にアキバレンジャー追い込まれすぎやろ!

今回、いよいよ番組終盤ということでツー将軍との直接対決に力入れすぎてる…。これまで、多くの怪人を打ち倒してきたのが信夫の戦隊ヲタ度に裏打ちされた妄想力として、まがりなりにも公認様でのヒーロー追い込み展開に沿ってアキバレンジャーをここまで追い詰める妄想力からして、まさにツー将軍の戦隊ヲタ度は信夫のそれと表裏一体。
個人的、番組は最終的に信夫とツー将軍、二人の戦隊ヲタの愛憎交錯する激突に集約される…という展開を期待してみるも、まあそんな視聴者の感慨なんかはるかに置き去りにしてあさっての方向に走り出すのがアキバレンジャーだし(笑)。

メカジャイガン相手にイタッシャーロボを失いピンチに陥るアキバレンジャー、直ちに葉加瀬に新戦力となる新車(!)を要求。しかし所詮声優収入が頼りの葉加瀬に今、新車を買う余裕はない! ええ声優収入で副業でヲタ向け喫茶店やってはいますけど…嗚呼、メガレンジャーのユガンデ役鈴置洋孝さんは、ダイターン3で主役やってながらも声優収入だけでは食っていけないので、主役の傍らキャバレーの呼び込みのバイトも掛け持ちしてたんだったなあ…閑話休題。
困ったときは(葉加瀬の)金で解決のアキバレンジャー、葉加瀬が持てる貯金をつぎ込んでアキバレンジャーの元に届けた新兵器、イタッシャーロボに替わる2号ロボ・イタッシャーボーイ! それは――またフィギュアーツのイタッシャーロボじゃねえかよwww
つか、基本アーツ・イタッシャーなのに「2号ロボは1号ロボを倒した敵を屁でもなくブチのめす!」の妄想力を受け、ガチで強いイタッシャーボーイ。これはアーツ・イタッシャーをイタッシャーボーイにデコレートするデコシールとか製品化される勢いだな。
アーツ・イタッシャーロボって、「高額でも売れるだろ」と思って実際に製品化したら在庫ダダ余りして一時期amazonで70%引きで投げ売られていた(自分が買ったのも投売り時期の価格)という痛い経歴の玩具として…ひょっとしてその痛さまで、イタッシャーボーイの強さに反映されてるんだろうかwww

2号ロボによる逆転勝利を果たしたものの、1期に続いてまたも、葉加瀬の首筋に浮かび葉加瀬を苦しめる謎の紋章…いかん、また八手三郎によるテコ入れが始まってるぞwww てか1期のコレのおかげで、同じ内田真礼が演じたビビッドレッド・オペレーションのれい役は「何のギャグだよwww」って笑っちまったんだよwww
今週も、マルシーナ様クリソツの看護士さんに世話してもらってる謎の入院患者の人。てか3週も正体不明のまま引っ張るか…。本当に来週あたり、そろそろきちんと本編に絡んできてほしいんですけど。

非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 第8痛「妄想美闘」

 2013-05-25
OPテロップ見て、今回カザリ(オーズの)がゲストにいたらしいんだけどどこだ? 後でもっかい確認だな。

1期の新堀和男さん回に該当する、まさかの岡本美登さん回。やべえ、岡本さんと言えば今回特にフィーチャーされてたブーバもそうだけど、俺的には忠義の男ボー・ガルダンそして男の意地のドクター・アシュラだよなあ(「オトコ嵐! 最後の戦い」はかっこよすぎ感涙エピソード)。
オカモトさんと言われてルナに次郎さんと間違われてズっコケる、そんな愛嬌も大好きだ!

話的にはアキバレンジャー、いよいよツー将軍の正体を追う。日頃からあの恰好でアキバを闊歩してるおかげで目撃証言には事欠かないながらも、あっさり見つかったら話の間が悪いので、今週もとりあえずアキバで悪事を企むゲキレンジャーの敵・拳魔と激突するアキバレンジャー。
今週の怪人は、ツー将軍が岡本美登さんに個人的にお願いしてモーションキャプチャーでそのアクションをインプットされた、ある意味岡本美登さんの分身ともいえる怪人(まさか、本当にアクター岡本さんだったなんて話じゃないよな!?)。
ブーバやシルバ、はたまた地底忍オヨブーの技まで繰り出してくる怪人の前に危機に陥るアキバレンジャー。てかもう怪人が拳魔である必要ねえ! 好機と自らアキバレンジャーにとどめを刺そうとするマルシーナ様ながらも、怪人とツー将軍に邪魔者扱いされ、哀れ氷付けで封印どころかアクリル板に閉じ込められ等身大フィギュア化の憂き目に…。
つか、信夫曰く「帝国の内紛は悪の崩壊フラグだ!」、ツー将軍曰く「実はこの怪人が新幹部だ! 幹部交代はヒーローのピンチ展開だ!」の、もはやヲタくさい以前にガキの口喧嘩レベルの言い合いワロタw

ツー将軍の正体を追ってるさなか、サウナにてまさにツー将軍その人とカン違いして岡本美登さんと邂逅するアキバレンジャー。流石、引き締まった身体をしておられる…。どうでもいいが葉加瀬といいツー将軍といい、公認様ゆかりの方にサポーターを依頼する際はギャラ頼りw ええいなんて世知辛いというか夢がないというかまさに「よい子は見ちゃダメ」。
ご本人の技をコピーした怪人が暴れ回ってると聞き、歴代戦隊の強敵を務めて来られた経歴の持ち主として、華々しく散る敵役の美学を説く岡本さん。岡本さんの願いを受け、今度こそ怪人を打ち倒すべく再戦に挑むアキバレンジャー。てか新堀和男さん回みたいな特訓シーンすらないのにどうやって岡本美登さんに勝つかと思いきや、シーズン痛でのアキバレンジャーの基本戦術たる公認様名シチュエーション再現…。
やべえ、作り物の夕陽とはいえ「ブーバ地球に死す」のあの一騎打ちの感動的なまでの再現…! かつて先代アキバブルー・美月が習得した新堀和男さんのアクションをアキバレッドが再現可能だったのは、妄想力の成せる業と脳内納得。
かくして「こりゃもー死ぬしかない」空気にアテられた怪人、岡本美登さんから戴いた華々しく散る敵役魂に心震わせるままに、アキバレンジャーの新兵器大それたバズーカで吹っ飛ばされて終了。ええ、今年も公認様合体武器はあると思ってたよw

かくして岡本美登さんの役者魂を守ったアキバレンジャー、一緒にいた高岩成二さんとの邂逅がもはやご褒美状態というか、ついでに岡本さんからツー将軍ちの住所が書かれた名刺を貰う。これで物語はまた次回大きく動く…よな? 今回、1期の新堀和男さん回よりもご本人が本編に大きく絡んでいた話というのもあって、いちいち視聴者としても岡本美登さんの思い出に一喜一憂しながら試聴してもうた。やはり公認様(ゆかりの方)ゲスト回はいちいち興奮が収まんねーわ。こういう視聴者的興奮も劇中の信夫の興奮とシンクロして楽しいよ。
今回もとりあえず病床の謎の人物(ボウケンジャー見てるし)の存在は次回以降への伏線。てかマルシーナ様復活なるか? なるの?

非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 第7痛「妄想間者」

 2013-05-18
前回の、今をときめく鈴木福くんまで巻き込んだツルテカが酷すぎるほど酷かった(www)ため、相対的にマシに見えてしまうハリケンジャーの大それた力編。いやアキバレンジャーでマシな話=大人しい話なんて、そんなんアキバレンジャーとして死んでしもうとるやんwww

毎回、いつも影の大それた力としてボイスラッガーのメンバーのうち3人の助力(声優レギュラーw)を戴いている番組ながら、関と草尾の演じ分けはやっぱり名人芸の域だと思うのな。でもやっぱり、放映10周年Vシネの発売を控えて、せめてメイン3人の声だけでもオリジナル役者の方々に来てほしかったという要望。
一応今回の主題は、ついに妄想世界の出来事が現実世界に反映してしまう事実に気付いたツー将軍による本格的な妄想世界介入開始。てか、同じ戦隊ヲタとしてもあくまで「公認様劇中世界の出来事」を歴史認識として愛する信夫と、「劇中世界に自分のありえない妄想を反映させる」というツー将軍とで、タイプの違うヲタ同士の対立構造になってた訳か(単にヒーロー側より悪側のほうが好き程度だったら、信夫の女幹部好きと併せてあんまり深刻な対立にはならない)。
同人的用語で言えば海鮮でしかない信夫と、オリジナル怪人のフィギュアまで作りその怪人の活躍する世界を妄想できるツー将軍。ことヲタとしての創造性については信夫とツー将軍に大きく隔たりがあるわけで、今後信夫の戦隊愛が如何に先輩古参ヲタたるツー将軍のハートを揺さぶれるか…が物語の焦点になりますかね? いえ視聴者の単純な予想なんか追いつく余地がないのがアキバレンジャーですけどw

あと今回、唐突に入院中の何処かのどなたという伏線登場。この伏線が今後どう物語に関わるかは不明ながら…バロスw側の黒いMMZことモヤモヤズキューンの出自とか、まだ番組の折り返し過ぎても言及されてない部分あるしなあ。
ツー将軍の妄想によって暗黒七本槍どころか暗黒十本槍の一員になってたゴウライジャー、アキバレンジャーの土方仕事で自分たちがガテン系ヒーローだったことを思い出すw 関声のハリケンレッドによる戦隊と怪人のパワーバランスについて、まさに良い子は見ちゃダメのアキバレンジャーの面目躍如というか、この程度では「今週のアキバレンジャー大人しいな」としか思えなくなってるというかw

非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 第6痛「妄想娘娘」

 2013-05-11
相変わらずキャスティングすらツッ込みどころ満載なアキバレンジャー、いくら妖怪人間だからって今をときめく鈴木福くん仕事選べw 
鈴木福くん演じる幼い頃の信夫が、ライブマンのコロンに対してツルツルのテカテカキャラに性的に目覚めてしまうという痛い思い出語りに、大槻ケンヂ兄貴がウルトラセブン再放送で水際バトルでのセブンのスーツのツルツルテカテカに性的に目覚めたという話を思い出すのは俺だけでいい。
(第29話「復讐のライブボクサー」なんか、幼い日の信夫に拘束少女責め属性を付加させてしまっているかも知れんなw)

今週の怪人は、次元虫がくっついているからというだけで次元獣。てか今期、ここでまさかの怪人役で主題歌担当モモーイさんご出演ありがとうございます2回言うけどありがとうございます。
モモーイさんの萌えボイスばかりでなく、信夫のツボのツルテカ属性の持ち主として信夫を苦しめる次元獣ユルキャラジゲン。アキバレンジャーたちが助っ人として呼び出した追加戦士・劇中アイドルちょこたん(演じたグラビアアイドル若木萌、自分の衣装がビッグワンのパロディーとは気付くまい)、バカの信夫のせいで次元獣に敗れてしまいまたも現実世界でとんでもないことに。
そして、6話という1シーズン番組のターニングポイントに至って、妄想世界の出来事が現実世界に影響を与えてしまうことにやっと気付くツー将軍(秋葉原のケバブ屋で真面目に働くサンドイッチマンの人に因縁つける迷惑親父)。
てか今までマルシーナ様と結託して妄想世界に怪人を送り込んでいた理由って…本人にとってはプラモ狂四郎みたいに、作ったフィギュアが動いて戦うってだけで満足だったんだろうか?

自らのトラウマと向き合えないまま、戦場にてなお立ち上がれない信夫を奮い立たせるのは――ボウケンジャーのミスター・ボイスやカーレンジャーに出た床屋の親父役にして、歴代公認様(自分の一番好きなターボレンジャー含む)のナレーションを長年努められてきた田中信夫さんからの、数多の後任様の勇姿を讃えてきた熱いエールとも呼べるナレーション! ひみつきち店内にて顔出し出演にてナレーションを語る田中さんというシュールな画すげえwww

ある意味公認様の超大物・田中さんから戴いた熱いエールから勝利のヒントを貰い、逆転勝利を遂げるアキバレンジャー。ええ一応今回合体新武器の販促回のはずなんだけど、アキバレンジャーの番組カラー的には果てしなくどうでもいいなw
妄想が現実を侵食する。このことについに気付き、とうとう自らの野望成就のために動き出すツー将軍。予告の限り、いよいよ次回ハリケンジャーの大それた力ゲット回。てかハリケンジャーの新作Vシネが本当に決定してるだけに、また公認様の御声を演じる方々に果てしない期待が働いてしまうのですが。
今回、とりあえず司令官としてアキバレンジャーのためなら身体を張ることも辞さない葉加瀬、自らも…演じる内田真礼にとって後に黒歴史になりかねないツルテカピチピチスーツ姿で信夫を特訓。てか、中二病でも恋がしたい2期が正式にアナウンスされたばかりなのにますます内田真礼が演じるキャラに萌えなくなるな(汗)。

非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 第5痛「妄想輸入」

 2013-05-04
ヲタが一番イラつくことは何かって問われたら、自分が長年信奉してきたジャンルに我が物顔で加入してきた新参若手が、間違った知識をさも当然とばかりドヤ顔で吹聴すること。そういうわけで今回のルナ、単なる勘違いとはいえうわこいつ殴りてえ感パネぇ(笑)。

毎回毎回がイベント回として、今回もそのテンションが一切落ちることがないアキバレンジャー。今回はジュウレンジャーの大それた力ゲット回ながら、ルナのなんかムカつくカン違いのおかげでジュウレンジャー、アメリカ発祥のパワフルレンジャーということに…てかもう坂本浩一監督が面白がって出演してる時点でなんとも言いようがないよwww
今回はもう「恐竜みたいな戦隊が…」→「トリノイドを作って送ったぞ」→「聞いて驚け!」の恐竜系戦隊三連発ネタだけで充分腹痛いんだけど、パワフルレンジャーとして登場したティラノレンジャー、ドラゴンレンジャーが、信夫と優子さんの熱い説得で公認様魂を取り戻すくだりには無駄に感動した…シチュエーションばかりでなく二人によるネタ振り的に(笑)。「ジュウレンジャーの活躍のおかげで戦隊は打ち切りの危機を脱したんじゃないか!」は、それを言わせちゃうのがアキバレンジャーのアキバレンジャーたるところすぎるwww

今回、一応ルナ主役回ということで、実はツー将軍の教え子というライバル登場とか(彼女が本当に今後キメラっぽい格好して妄想世界に現れるとかありそうだなあ)今後の展開に繋がるであろう伏線(?)も用意されてたけど、彼女が戦隊素人ポジションを司る二代目アキバブルーとして、初代ブルー・美月が信夫ら戦隊ヲタのディープな世界に引きずり回される役どころだったのに対して、ルナはむしろ戦隊ヲタを引っ掻き回す役なのねと改めて納得。
つか、公認様脚本でもそうだけど、荒川稔久センセはなんかムカつく女書かせたら天下一品だなw 昔っから公認様でヒーロー側を手痛く裏切る女キャラが出てくる回を書く度、「荒川稔久センセは昔女に手痛くフラれた経験から女性不信話ばかり書くようになったんだぜw」と、戦隊以外の荒川センセの仕事を良く知らないのに我が物顔で自己解釈に基いた知識をさも当然とばかりドヤ顔で吹聴してたんだけど、やっぱり的を得ていたんだとアキバ見ると凄くそう思えるwww

次回、前シーズンでも折り返し点として重要回となった6話…。また妄想と現実の垣根が激しく揺さぶられる展開来るか?
今回のEDは、やっぱり荒川センセがメインライターだったデカレンジャーから、一度OPを乗っ取ったこともあるヒロインソングの名曲…ってお前らが歌うんかいwww どこまでもツっ込むことに疲れさせてくれるなアキバレンジャーwww

非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 第4痛「妄想女神」

 2013-04-27
なんつーか、1話30分の中にネタを詰め込みすぎていてどこからツっ込めばいいのか判らないのがアキバレンジャー。今回は一応パワーアップ回であると同時、前回のゆめりあさんこと優子さんのお母さん回に相当する話でもあるのね。
シリーズを通して、言おうとするけどなかなか言えない展開になると思っていた優子さん実は結婚してましたの告白。実母が松本梨香で、嫁いだ先の義母が堀江美都子さんって…どんだけヲタのサラブレットなんですか優子さん(驚)!
てか堀江美都子さんのドラマ顔出し出演って、記憶の限りキョーダイン以来だよね…凄すぎる。あと信夫が優子さんの結婚式に呼ばれなかった理由クソワロタw そりゃ絶対呼びたくないわなあw

妄想世界での悪事がダイレクトに現実を歪めてしまう新次元頭脳改造地下真帝国バロスwの今回の陰謀は、秋葉原の女神でもあるキャラ・ズキューン葵をいかがわしい存在に貶めること。俺が理解しやすいように解釈すると、ひだまりスケッチのキャラがヤンデレ化やエロ化されてしまうということか…なんということを許さん!
今回、ツー将軍(時給250円)が製作した怪人は機械帝国ブラックマグマ(サンバルカンな)の流れを汲むスマホモンガー。前回でルナが抜け、またも三人揃わないアキバレンジャー、スマホモンガーによる劇場版ズキューン葵のネタバラシ攻撃に地獄の責め苦を食らう…俺が見に行くまでスーパーヒーロー大戦Zのネタバラシは禁句だからな!
何故かマルシーナ様とツー将軍が所持し現実世界と妄想世界の通信に使われている、モエモエズキューンクリソツの謎アイテムモヤモヤズキューン、アキバレッドが余計なこと言ったせいでマルシーナ様、変身アイテムとしての機能に気付き自らも戦闘モードに変身! いやあ、セクスィーな変身たまらんですたい。
怪人とマルシーナ様の猛攻により、ものの見事に惨敗を喫し、頼みの妄想力まで奪われてしまったアキバレンジャー
。ついでにズキューン葵の評判が落ちぶれてしまったせいで、担当声優である葉加瀬まで貧乏モードにwww ホントこの番組のおかげで、内田真礼が出演するアニメもチェックするようになったけど彼女の演じるキャラに萌えなくなっちまったわwww

この危機を脱するため、葉加瀬が再びルナを説得しに行く一方、信夫と優子さん、妄想力を取り戻すため優子さんの嫁ぎ先にてお義母さん堀江美都子さんが見守る中同人誌描き。64ページを1日でペン入れまで済ませて完成させるその優子さんの執筆スピードは、もはや信夫がツっ込んだとおりもはや石ノ森先生とタメを張れるレベル。てか緑川光声怪人のためばかりでなく、現実世界でもBL攻め状態で逆さ吊りにされる信夫www
ズキューン葵の被害が国会レベルにまで達したそのとき、ついに妄想力を取り戻し復活する信夫と優子さんついでに今回のところは理由は不明ながら再び戦列に加わるルナ。妄想力全開ならただでさえ無敵のアキバレンジャー、そして、優子さん熱筆の自分と葵ちゃん主役の同人誌から痛すぎる妄想力をもらい、痛すぎるパワーアップ――超アキバレッドへと進化を遂げるアキバレッド! 変身シーンの妄想アニメ無駄に手間かかりすぎwww 今回のおかげでやっぱりまた今後も内田真礼が演じるキャラに萌えられねえwww

敵側も味方側もパワーアップというイベント回(いやむしろアキバレンジャーにイベント回じゃないエピソードは存在しないが)ながら、ゲストまで無駄に豪華な回として、EDに至るまで全部堀江美都子さんに持ってかれたわw
今回のEDは、まさに堀江美都子さんによる忍者キャプターの痛い萌え替え歌ひでえ。てか今回コレをやってもらうために堀江美都子さんをキョーダイン以来超久々に実写ドラマに招聘したんかい! 堀江美都子さんをお呼びして歌ってもらう特撮ソングなら、そこは「好き! すき!! 魔女先生」の主題歌だろうと声を大にして主張してみる。
次回、またも伝説の公認様、兄弟で登場! でもこのお二人とも現在引退されてるんだよな…次回のためだけにカムバックしてくれたら、また大騒ぎになるんだろうなあ。



非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 第3痛「妄想拳劇」

 2013-04-20
毎度毎度ネタを揮ってくるにも程があるというか、北極の氷の下から甦った(w)マルシーナ様が新たに幹部となった新次元頭脳改造地下真帝国バロスw(ワラ)の陰謀により、ダイレンジャーに取って代わって17番目の公認戦隊となりながらも案の定黒歴史戦隊と成り果てていたアキバレンジャー。「荒川稔久がメインライターに抜擢されるも、趣味全快で子供にもマニアにも受け入れられず視聴率低迷」「急遽井上敏樹が尻拭いしたけど時既に遅くシリーズ最短の13回で打ち切り」とのwikiの解説とか、赤木コスの和田圭市さんの写真とか笑わかせすぎだwww
改変された歴史では、アレンジャーと並んで13話以降の追加戦士の予定だったキバレンジャー、正式公認戦士になれなかった恨みを思いっきりアキバレンジャーにぶつけてくる。ライブフィルムからの流用と思われた吼新星乱れやまびこ、OPテロップで名前見かけてどこで出てくるかと身構えていたMoJoと山形ユキオここで登場とかwww これは確かに幸せの絶頂のうちに爆死してしまうわwww

バロスwの内幕は、現実世界にいるツー将軍(ニンジンいらない人)が妄想世界のマルシーナ様とモエモエズキューン(!?)にて連絡を取り合い、ツー将軍の妄想力で生み出された怪人フィギュアが妄想送されて妄想世界で怪人化する…。こりゃしばらくはツー将軍とマルシーナが並んでアキバレンジャーの前に立ち塞がる展開はなさそうだけど、また前シリーズみたいにマルシーナ様が妄想の壁を破って現実に現れるのかツー将軍自身もモエモエズキューンにて妄想世界に降臨するのか?

とにかく戦隊の歴史を正式なものに戻すべく、アキバレンジャー、歪められた歴史内ではただの中華街の宣伝ゆるキャラ化してるリュウレンジャーもといチャイナマンを強制拉致してのダイレンジャーOP再現劇場。ええ小林義明演出は、下手にライブで再現することは不可能に近いってことがよく判った(ヲイ)。
とどめの「最終拳だだだッ」の再現…ああ、やっぱり井上敏樹脚本回だよ。荒川稔久センセ自身が自分の尻拭いは井上敏樹センセにお任せって言ってんじゃねえかwww
アキバレンジャーの戦隊ヲタ魂炸裂の本編再現劇場のおかけでやっと正気を取り戻したリュウレンジャーとキバレンジャー、リュウレンジャーの声がきちんと和田圭市さんに戻っていて視聴者としてもひと安心。久々の公認様からの大それた力は気力ボンバーをイメージした合体バズーカ・ダイレンボンバー。ええこれもフィギュアーツ・リュウレンジャーに付属するんだろうな。amazonでの予約開始マダー?

勝利を収め、公認汚点(ギャグ)戦隊だったという汚名も晴らせた?アキバレンジャー、だがそのどマイナーバカ戦隊を愛していた美月(ルナ)からもアキバレンジャー愛の記憶が消えてあっさりメンバー離脱…。そんな危機的状況すら、番組のネタとしか思えなくなってる自分が(汗)。
ホント何をしでかすか判らない番組という恐ろしさもあるので、視聴者の下手な予想がどれだけ軽くブッちぎられてしまうのか不安だったり楽しみだったり。次回からまた新しいブルーの子との交代劇が描かれたってもう驚かないぞ。

今回のEDはゴーゴーファイブ挿入歌のみやむーソング。あと視聴者全員察しが付いてるゆめりあさん苗字変更の理由については、なんとなく最後まで「言おうとするけど言わせてもらえない」展開が続きそうな気がするw

非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 第2痛「妄想中華」

 2013-04-13
13040803.jpg

↑シーズン痛始まっちゃったら、辛抱たまらずイタッシャーロボ買っちゃいました(テヘペロ♪)。

ダイレンジャー放映当時は声優名がテロップで紹介されてなかったけど、今回唐突に登場のキバレンジャー/白虎真剣を演じた阿部渡氏は、もちろん放映当時のオリジナルキャスト…! いやあいきなり公認様オリジナルキャストとのコラボハジマタ! 次回あたり、覚醒したリュウレンジャーの声が(いつもの)関から和田圭市氏に戻ってくれたらもう最高なんだが。

類は友を呼ぶ。特撮ヲタ同士は特撮ヲタ同士で惹かれあうをまんま体現したかごとく、赤木とツー将軍、カラオケ屋で運命の出会い。ツー将軍役堀川りょうは1期のドクターZに続く声優悪役枠ながら、しかし流石にベテランだけあって歌が上手いな。
夢(妄想)の力で変身するヒーロー・ウイングマンが妄想(夢)の力で戦うヒーロー・アキバレンジャーと共演するというのも80年代親父にとっては理想的な展開だわw

アキバレンジャーがダイレンジャーに取って代わって公認戦隊になってしまったという緊急事態に、赤木の前に現れるゴーマ怪人ブルーレイ係長。てか今までのステマ乙の怪人と違って完全にゴーマ怪人だよなあ。本来そのブルーレイ係長と戦うはずのダイレンジャーのリーダー・リュウレンジャーはアキバレンジャーに取って代わられたせいでご当地ヒーロー中華戦隊チャイナマンに…。てか、わざわざ番組内でチャイナマンのネーミングの由来を「きちんと」説明するとはw
強敵、ブルーレイ係長に対抗するため、ペンタゴンに招聘された美月に代わる新アキバブルーを急募。もちろんこの番組だから深く考えることなく「新しいアキバブルーが必要だ!」ってったら30秒以内に現れる。新アキバブルー・石清水美月(ルナ)はちょうど戦隊を踏み台にステップアップを目論む駆け出しアイドル。個人的、戦隊監督のヒロインの撮り方を恐ろしく研究しているあたりが凄く偉いわ。当然故・長石多可男監督の研究も怠ってないんだろうなあ…。そういうのもあって初変身のハシャギっぷりが判りやすいんだけど、先代アキバブルー同様番組の濃ゆい世界に翻弄される役というのはよく判った。

何故か本名の苗字が変わったゆめりあさんも帰還し、再び3人揃ったアキバレンジャー。さっそく公認様の大それた力で怪人撃破もチャイナマンがダイレンジャーに戻ることなく、突然現れたキバレンジャーに「お前らのせいで俺は日陰者になっちまったじゃねえか!」とどつかれる…何で!?
未だ再登場を果たさぬマルシーナ様(穂花様)の動向といい、いやあまた次回が待ち遠しいぞ。毎度視聴者の斜め上の発想を行く番組として、またどんな予想も付かない展開で視聴者までも翻弄してくれることか(笑)。

今回からの?EDは、昨今のアニメの流行に習ってキャストによる昭和ソングならぬ、歴代公認様挿入歌になるのか。こりゃまたソング集CD発売来るで!

13040802.jpg


S.H.フィギュアーツ イタッシャーロボS.H.フィギュアーツ イタッシャーロボ
(2012/11/23)
バンダイ

商品詳細を見る

非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 第1痛「妄想大戦」

 2013-04-06
待望の2期発進。1期最終回が総集編だったから2期第1話は捏造総集編(ヲイ)。
2期からは交代となる美月も新撮で回想シーンに…てか演じる日南響子の髪型の変更からフィギュアーツのステマによる巨大戦に、1期で八手三郎が番組に干渉したことがなかったことにされてたり最終決戦でアキバレンジャーに加勢するため駆けつける歴代公認様戦隊15人を声優さん3人で演じ分けとか、わざわざヲタショップの店員役として登場するドクター真木とかまで含めて…もう最初から最後までツっ込みが追いつかねえよwww

この痛くてヒドくてバカ楽しい雰囲気がさすがアキバレンジャーというか、また1クール分興奮気味に楽しませてもらえそうで何より。非公認なのに食玩フィギュアの発売まで決定しているあたり、去年待望していたアキバレンジャーレンジャーキーなんかも製品化してもらえんかなあと(モバイレーツの玩具に絶対対応してねえよ!)。
今回見ての反省、amazonで最安1万2千円台まで値崩れしていたイタッシャーロボ、高いけど安いとか躊躇してる間にポチっとけば良かったなあ(汗)。
何故かアキバレンジャーがダイレンジャー(今年で20周年アニバーサリー)に取って代わって公認戦隊17番目の戦隊に取って代わってしまっているという異常事態に赤木が気付いてしまったところで、またも波乱の1クールを予感させて次回へ続く。ネタバレされてる、公認様との一大コラボレーションが今から楽しみすぎるわ。
あと第1話OPは…絶対歌詞まで含めて今後のネタを隠したバージョンだよな。こちらのOPの進化もまた楽しみであります(含笑)。


(仮) HDM創絶 非公認戦隊アキバレンジャー 3個入 BOX (食玩・ガム)(仮) HDM創絶 非公認戦隊アキバレンジャー 3個入 BOX (食玩・ガム)
(2013/06/19)
バンダイ

商品詳細を見る
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

白黒つけようぜ
□□□