あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 最終回「あの夏に咲く花」

 2011-08-11
なんかのラノベかゲーム原作の田舎系萌えアニメかと思って見始めて、その実原作のないオリジナルアニメで、やってることは生々しいまでの過去への確執と各々のキャラクターたちのコンプレックスのぶつけ合い(汗)。
そして最終的に至る結末はベタな泣かせ系と、アニメというよりは実写ドラマ向けの話ではあったかなあ。いえまあ、劇中の事象と人間関係のあらゆる原因でもあるメインヒロイン・めんまの天真爛漫さと萌え度はアニメでしか表現不可能ではありますけれど(苦笑)。

各々の本音をぶつけ合うことで(嗚呼…やっぱりぽっぽがある意味一番重いところ背負ってた)、やっと各々のわだかまりを捨て、再びお互いに仇名で呼び合うかつての関係へと戻っていく超平和バスターズ。
明かされるめんまの願いは、生前じんたんの母ちゃんと約束した、母ちゃんの入院を機に気張って感情の発露を乏しくしたじんたんを「泣かせる」ため。超平和バスターズとの再交流を機に、次第にじんたんがかつての、みんなに頼られていた元気なガキ大将としての姿を取り戻していった時点で果たされていた約束と、最終的に、じんたんのみならず全員が全員、かつての仲間達としての自分自身を取り戻していって、やっと叶うこととなる「めんま自身」の願いとしての、仲間たちとの再会と永遠の友情――。
めんまが消えていくその瞬間、最後の最後で、超平和バスターズ全員がめんまの姿が見えるようになったというのは…、ぶっちゃければじんたんの母ちゃんとの約束が果たされた段階で、じんたんだけが「特別」でなくなったということ。それだけに、何よりも、めんまがじんたんへの最後の手紙にしたためた…今まで特に明かされなかった「めんま自身の、じんたんへの気持ち」が…本当に、何よりも泣けるんですよ。

再び学校へ通い始めるじんたんとあなる、
相変わらずな距離感を保ちつつも互いに気心の知れた様子が伺えるゆきあつとつるこ、
自身も進学を果たすべく勉強を開始するぽっぽ。
泣かせ系最終回の定番とはいえ、きちんと各々の「前進」の様子が描かれたのは良かった(あなるの友人達が、きちんと彼女の復学を迎え入れるのも含めて)。
最後のじんたんのモノローグ、自分たちは大人になっていくというのは、きっと年齢を重ねた分の役割も、責任も背負っていくという「事実」と共に、きっと「だからめんまの死(消滅)から先に進まなければならない」という決意表明にして、みんながいつまでも仲良くあってほしいというめんまの願いを守っていくという誓い。
夏のゴーストという普遍的なテーマを扱ったアニメとはいえ、全体的に丁寧に作られた作風は、普遍的なものであろうときちんと視聴者の胸に訴えかけることが出来るという良い証明。ある意味今後の同テーマ作品のベーシックとなりうる良出来なアニメだったです。
いえ、ゆきあつについてはもう今後の作品で真似できない、このアニメにて燦然と輝く類を見ないキャラクターとして(苦笑)。
スポンサーサイト

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第10話「花火」

 2011-08-05
迫る花火の打ち上げの日と、めんまを軸に交錯するそれぞれの思い。
めんまに消えてほしくないという自分の本心を自覚し葛藤するじんたんと、現状の葛藤から一歩踏み出すために、自身の気持ちを押し殺してめんまを成仏させることを誓うゆきあつ。
そのゆきあつの決意が、せっかく自分たちの前に再び現れためんまの姿が見えない、声が聞こえないがゆえの辛さからの逃避でもあるのがつるこには当然のごとく見え見え。劇中、一番感情の発露がないキャラでありつつ、ゆきあつがめんま絡みでいろいろやらかす(苦笑)度に、誰よりもゆきあつのことを心配し、誰よりも傷ついていたのがつるこ。最終回手前で長髪を一気にバッサリやってしまったのは、叫ぶことをしない彼女からのゆきあつへの精一杯の叫び。
なんだかな、どのキャラにもそれぞれまんまと感情移入させられた視聴者として、最後につるこが報われる展開があってほしいなとか思うんですけど。

その日が迫り、自分の手をじっと見つめるめんまというのは非常に判りやすいタイムリミット描写。入院中のじんたんの母ちゃんを見舞ったときの、母ちゃんから聞いた輪廻の話の思い出が最後の伏線になったりするのか? まだまだちょっと隠し事を持ってるっぽいぽっぽといい、なんだか最終回で一気にイロイロ明かされるんだな。

みんなが複雑な思いで向かえた花火の打ち上げの日。やっと娘の死から踏み出し始めためんまの家族も見守る中、打ち上げられる花火と、その打ち上げの瞬間のじんたんの一瞬の躊躇――。
宵の空に咲いた花火と、その瞬間に消えることなく、なお無邪気にはしゃぐめんまというのはじんたんの躊躇のせいなのか? ええ、めんまの明確な“本当の願い”もまた、最終回に託されましたです。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第9話「みんなとめんま」

 2011-07-28
台所で勝手に鍋が包丁が皿が蒸しパンがのポルターガイスト現象を目の当たりに、信じざるを得ないと見えない、聞こえない、感じられないめんまの存在を認める超平和バスターズの面々。
めんまの死から一度バラバラになった超平和バスターズが、当のめんまが現れたことで再び仲間のために結集する。だけど、そのめんまの姿が見えるのはじんたんのみという事実から噴き出す各々のジレンマ。
ある意味、誰よりもめんまの死のあの日から一歩も前へ踏み出せないでいるゆきあつの歯がゆさと焦燥感の入り混じった姿が辛いな。

そのゆきあつの、じんたんの側でずっと見守ってきた存在として、めんまに対するコンプレックスを抱き続けるつることあなる。
めんまへの執着からつる
この甲斐甲斐しさをスルーしてしまっているゆきあつと、とうとう嫉妬と恋心の入り混じった想いを癇癪として破裂させるあなるに対してあくまで普段通りの態度でしか接することの出来ないじんたん。めんまのために再結集した一同が、いまだめんまを軸にぐるぐる回り続けるしかない不器用な構図が視聴者としても歯がゆかったり。

いつも自分の帰宅を待っているはずのめんまが家にいない。その事実を前に夜の町へ駆け出すじんたん。彼女を成仏させるために仲間たちが再び集まったのに、今、自分の抱いていた本当の願いは、彼女に消えてほしくない――。
めんまのためにという目的、行動と相反する恋心がいよいよもって入り混じる展開ながら、めんまのためにと一同が必死で作り上げてきた打ち上げ花火が、最後にこの滞ったキャラクター達の時間を解き放つ…というクライマックスに繋がってくれますかね。
あと、一見めんまに対する仲間達のジレンマの輪からはみ出してるように見えて、なにかしらめんまに対して負い目のような表情を見せるぽっぽ…。頼むから、ここで誰も知りえなかった意外な真実とか絶対いらないから(汗)。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第8話「I wonder」

 2011-07-22
久々の再会を経て、じんたんからすれば変わったように見えて実はみんなほとんど変わっていなかった超平和バスターズの面々。でもそれは、めんまの死という事件からずっとみんなの中で(めんまの家族まで含めて)時間が止まっていただけのこと。自分の娘は死んで、その友達は時間を重ねても仲良しのまま大きくなっている。その事実に耐え切れずに心を病んでしまっていためんまの母親の姿があまりにも切ないわなあ。
めんまのために花火を打ち上げる。子供にとってハードルは高くとも、そんな他愛のない行為が壁にぶつかったことでことごとく露呈していくあの日以降みんなの胸に刻み込まれていた深い傷跡。ひとりだけめんまが見えて、ひとりだけめんまに救われていることの不公平を嘆くじんたん自身にとっても、現状はあまりに壁に過ぎるんだわなあ。

息子のことに無関心に見えて、実のところは息子を黙って見守っていたじんたんの父ちゃん。悩み苦しんでいるとき、自分自身の家族が一番の味方という心強さが、挫けそうなところで背中を押す…というのが何気に泣けるよ。
当時はまだチビだっためんまの弟の思い出に残っていた、姉が、超平和バスターズという仲間の一員であることを心から誇りに思っていたこと。壁にぶつかったことで再び分裂しかけた超平和バスターズ一同の元に思わぬ形で届く、仲間たちがずっと仲良しでいてほしいという…“今現在の”めんまの願いが込められたメッセージ。
まがりなりにも、めんまがじんたん以外の超平和バスターズの面々にその存在を示す(意思疎通の手段を得る)という展開は、なんだかいよいよ話がクライマックス間近に来たというのをまじまじと感じるところ。ここからの現状打破に、超平和バスターズが如何に団結していくかというのも今後の見所になるか。
この先が楽しみで、ダ・ヴィンチやオトナアニメの「あの花」特集のページを開けられない…。

ダ・ヴィンチ 2011年 08月号 [雑誌]ダ・ヴィンチ 2011年 08月号 [雑誌]
(2011/07/06)
不明

商品詳細を見る

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第7話「ほんとのお願い」

 2011-07-16
BSフジ視聴。もはや番組が不登校ヒキコモ少年の社会復帰の過程を描く青春感動アニメになってる件。
めんまの子供時代のテケトーな日記から紐解かれる超平和バスターズ活動の記憶と、思い出されることとなる、入院中だったじんたんの母ちゃんのためのめんまの願い。
目的が定まってからのじんたんの行動力が、もはや普通にヒーロー状態。ああ、子供時代のあなるが片思いの念を抱き、ぽっぽをしていつまでも兄貴分として輝き、ゆきあつにとっての羨望の対象だったあの日のじんたんが今ここに。
まあ第1話の段階がじんたんにとってのどん底だとすれば、あとはそこから這い上がっていくしかないわけで。あなる曰く「いつも他人のことばかり考えている」じんたんの性質が、本人にとってもあなるとゆきあつ始め超平和バスターズの面々にとっても現状の鬱屈を上向かせているんだわなあ。

暫定的なめんまの願いというのが、じんたんの母ちゃんの快気を願っての花火の打ち上げ。ここでじんたんの母ちゃんがキーパーソンになってきたあたりが、めんまがじんたんの元に現れた理由のひとつ?
そして、いまひとりの母親が超平和バスターズの前に立ち塞がるというのが辛い展開でもあるなあ…。「母親」の存在というのも、物語のテーマのひとつになるんだろうか。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第6話「わすれてわすれないで」

 2011-07-09
BSフジ視聴。やっとのことで本格的にめんまの願い事に対して真摯に向き合うことにしたじんたん、まずはヒキコモ脱出して数ヶ月ぶりの登校。久々の登校で目撃するのは、前回友達に流された挙句に危うく男にホテルに連れ込まれそうになってしまったことを目撃されて教室に居場所がない状態のあなるというか、すかさずあなるを庇うために教室で叫ぶあたり、ああ、なるほど、これがゆきあつがひそかに嫉妬してた、超平和バスターズのリーダーにして仲間達にとってのヒーローだった本来のじんたんってことか。

めんまの願い事に対して、じんたん以上にやけに積極的なぽっぽの発案にてめんまの自宅を訪れるじんたん達と(めんまの母ちゃんから手掛かりとしてめんまの日記ゲット)、じんたんたちの行動が、自分の母親に辛い思いをさせてしまったことに癇癪を爆発させるめんま。
自分でも思い出せない願い事を抱きつつ、超平和バスターズの仲間たちに忘れられたくないという気持ちと、母親を悲しませ続けるぐらいなら忘れてもらいたいという相反する思いに苦しむめんま。前回でのゆきあつのくだりからしてそうなんだけれど、めんま自身が、自分が死んだことで周囲に残してしまった影響というジレンマに苦しむ展開になってきた。
じんたんを中心に、再び超平和バスターズが動き出してきたことに内心複雑でもあるゆきあつ。何気に鬱展開を予感させつつ、どんなに恥を掻こうが立派にヒーローとして立ち直ってきたじんたんが視聴者としても希望になってきてるわなあ。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第5話「トンネル」

 2011-07-01
BSフジ視聴。社会的に終わりって姿を仲間に公開しつつ、その捻れてしまった心情をじんたんに思い切り吐き出したことで、何気に番組的には救われているゆきあつ。幼い日の、勇気を振り絞った行動としてのめんまへの告白と、思わぬ事態にパニクって逃げ出した当の告白の相手とその直後の悲劇。一方的に、自分のせいでめんまが死んだという過責に長年囚われていたゆきあつに対し、めんまの謝罪の声がその耳に届くことはないというのが今さらながら痛烈な。

願いを叶えてほしいとじんたんの前に現れつつ、その願いも自分がなぜ幽霊として現れたのかも思い出せないめんま。
妄想でもなんでも、めんまが自分の前に現れたことに対して深く考えようとしなかったじんたん。
じんたんへの積年の思いとままならない現状に悩みつつ、またも悪い状況へとばかり流されるしかないあなる(てか、あなるの自己主張のない性格がとことんやばい)。
番組中盤らしく、キャラクターたちが各々の立ち居地に思い悩む話であります。ある意味、仲間うちで真っ先に長年の重荷から開放されたともいえるゆきあつが、途端にあなるの窮地を救ったりと頼りがいのある存在感に転じているのがなんだかな。まあそれ以上に、ゆきあつがあなるを気にかけていたのは、同じく長年片思いを募らせていた同士というシンパシーなんですかね。

めんまが幽霊になって自分たちの周りにいるというじんたんの弁を、最初からなんの疑いもなく信じているぽっぽ。めんまが成仏できないことに対しての洞察が意外と鋭いところをつきつつ、めんまのことに対してのやや焦燥的な態度は…うぅむ、ぽっぽもまためんまの死因に対して隠していることがあるとかいう展開? ぽっぽ…お前だけは番組のいい癒しキャラと信じたいのに…。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第4話「白の、リボンのワンピース」

 2011-06-18
BSフジ視聴。めんまの死に引きずられたままのようにしか見えないじんたんに苛立ちをぶつけるかのゆきあつながら、その苛立ちの根っこにあったのは同族嫌悪。
誰よりもめんまの死を引きずっていたのはこいつじゃないかと思われる今回の行動の数々。実はじんたんとゆきあつの根本的な違いは、高校受験の合否による人生の分岐などでなく、めんまが現れたか、現れなかったかでしかないんだよな(この場合「現れなかった」ほうのゆきあつが歪むのも当然というか、何気にめんま残酷というか)。
同じ学校に進学していたというのもあって、そのゆきあつの動向に薄々気付いていたつるこ、じんたんを巻き込み超平和バスターズとして活動開始。つるこの活躍にて暴露される、めんま本人も驚くめんま目撃事件の視聴者唖然(!)の真相。
嗚呼…どうやらつるこもまたぽっぽ同様にきちんと超平和バスターズの良心だった展開で本当に良かった。ともあれゆきあつにとっては、これからが本当にめんまの死と向き合わなければならないって話になるのね。
めんまの気持ちを勝手に騙ったゆきあつの言を許せず、危ない奴と思われようがみんなには見えないめんまの気持ちを代弁するじんたん。今後他のメンバーがめんまの死に改めて折り合いをつけていくのだろうとして、再びただひとりめんまの存在を引きずらざるを得ないであろうじんたん。改めて、めんまがじんたんの前だけに現れたというのが残酷な。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第3話「めんまを探そうの会」

 2011-06-11
BSフジ視聴。蒸しパンが思い起こさせる亡き母親の思い出。幽霊であるめんまが故人であるじんたんの母ちゃんを弔う図が示す、誰よりも思い出を大切にしているのが死者であるめんまと、思い出に縛られてバラバラになっている生者たちという皮肉。
めんまに促され、不登校から一歩を前に踏み出そうとするじんたんに襲い掛かる容赦ない世間の現実というか、あなるの友達の愚行を見るにじんたんが不登校に陥った学校の雰囲気とかレベルとかが判りやすいなあ。

冒頭、ぽっぽがめんま(?)を目撃したことを機に執り行われる超平和バスターズ同窓会。ぽっぽといういい意味で少年時代から変わらないキャラが繋ぎ止めてる友人関係というか、むしろぽっぽの存在がある意味物語を成り立たせているんだわな。
同じ進学校に進んだつるこを伴っての秘密のプレゼント選びに、めんまの目撃証言を口にしたりと何かと怪しい挙動が出てくるゆきあつ。いえ、1ヶ月遅れの衛星デジタル枠視聴として、ネタバレはなるべく目にしないよう気をつけてはいるんですけど…話題になってしまっていた、今後のゆきあつ絡みの展開がまたどんな波乱を巻き起こすことやら。
周囲(駄目な友人)に流されやすい性格ゆえに、せっかく一歩踏み出しかけたじんたんを傷付けその決意を台無しにしてしまった自分が許せないあなると、そんなあなるの嘆きをクールに、あるがままに受け止めるつるこ。ある意味、ぽっぽとは別の意味で超平和バスターズを繋ぎ止める存在になるのかとちょっと期待してみたり。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第2話「ゆうしゃめんま」

 2011-06-04
BSフジ視聴。
久々に再会した子分が、すっかり(体格的に)立派になってました。ど根性ガエルで言えば、ひろしが久々に五郎と再会したら五郎の体格がゴリライモになってたようなもんだな。
夏の幽霊となって主人公・仁太の元に現れたヒロイン・めんまのお願い事を探すひと夏の冒険。まずはRPGの約束事に則っての仲間探し。ある意味めんまと同様に純粋なままガタイばかりがでかくなったかつての子分・ポッポがやたら癒してくれるというか、第1話で示された仁太のヒキコモ登校拒否という境遇からして、主人公に味方が出来たって展開がやたらほっとする。
ポッポに続く新たな仲間として、再結成超平和バスターズに新たに戦列に加わることとなるサブヒロイン・あなる。友達に流され見た目はド派手に、仁太と疎遠な関係になりつつも、かつての仁太への想いとめんまの死因に自分が関与しているのではないかという負い目。2話目にして既にキャラクターたちの心理描写がやたら丁寧なあたりにかなり感心。

幽霊でありつつ、焼肉食ったり年頃の主人公を無意識に風呂上り姿で挑発したりとやたら肉感的な面が強調されるめんま。実はめんまのお願い事って案外単純なことなのかもと視聴者としてモヤモヤしつつ、主人公達がその答えに辿りつくにも、めんま本人の存在が現在の主人公達の関係のネックになってしまってるんだわなあ…。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第1話「超平和バスターズ」

 2011-05-22
BSフジ視聴。地元ローカル局でノイタミナの放映枠なくなっちまったなあ。またなんかのラノベ原作アニメかと思ってたらオリジナル作品だそうで。
少年時代の夏の日、みんなのアイドル格だった女の子の死をきっかけにバラバラになってしまった仲間たちと、挫折した青春を過ごす元リーダーの主人公の前に現れる夏の幽霊。
ええ、EDがZONEのカバーというだけで今後の展開がかなり暗示されてますが(苦笑)、自分の中の青春要素補充のためのアニメになりそうなので期待。まずは、現在グレてしまってるサブヒロインの更正か(グレた理由、絶対仇名だ/苦笑)、主人公と対照的に進学校に進んだ元恋のライバルとの和解か?
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Twitter
プロフィール

事業部長わたなべ

Author:事業部長わたなべ
北国に蠢く黒い影。心に星を持つ男。
模型HP「豪雪地帯酒店・第二事業部」やってます。
http://www.geocities.jp/x3318jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

白黒つけようぜ
□□□